医療や介護の現場で「身体拘束」が問題に 介護福祉士が24時間拘束を体験

ざっくり言うと

  • 医療や介護の現場で問題になっている「身体拘束」を、介護福祉士が体験した
  • 数時間経つと息苦しさに襲われ、時間感覚もなくなっていったという
  • 24時間経って解放されても、2〜3時間は誰とも話す気分になれなかったそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング