青山テルマ、タイマンを張った母校で現場検証「強がらなくてはいけなかった理由」とは

写真拡大

歌手の青山テルマが、12月1日放送の『アナザースカイ』(日本テレビ系、毎週金曜23:00〜)に出演。中学生時代を過ごしたというロサンゼルスを訪れる。

今田耕司と中条あやみがMCを務める同番組では、ゲストの「海外にある第2の故郷」「憧れの地」をテーマに、ロケVTRを見ながらトークを展開していく。

ロサンゼルスを訪れた青山は、行きつけだという店の絶品フォーを大興奮でリポート。また、タイマンを張っていた母校を卒業以来、初めて再訪し、現場検証を行う。相手は体格の大きなメキシコ人だったそうだが、果たして勝負の行方は!? さらに、「強がらなくてはいけなかった理由」をはじめ、当時の様子を親友が赤裸々に告白する。

その後、デビューして間もなく「そばにいるね」でオリコン1位を獲得した青山が、当時の意外な暮らしぶりと大ヒット後の苦悩を明かす。そして、人生の転機となったスタジオで、あの名曲を熱唱する。