竹内結子&貫地谷しほり、女性版シャーロック&ワトソンに Hulu×HBO共同製作ドラマ記者会見

写真拡大

 Hulu×HBO共同製作ドラマ『ミス・シャーロック/Miss Sherlock』の記者会見が現地時間11月30日にシンガポールで行われ、竹内結子と貫地谷しほりが登壇した。

その他写真

 同作は、ギネスブックに認定されている、全世界の映画・ドラマ史上、最も多く映像化されているキャラクター、シャーロック・ホームズとジョン・ワトソンを、大胆不敵な新解釈で捉えた連続ミステリードラマ。「シャーロック・ホームズとジョン・ワトソンが、もし現代の東京にいたら…?」「ふたりとも日本人女性だったら…?」というアイデアのもと、女性がシャーロックとワトソンを演じる世界初の映像化作品に。動画配信サービスHuluが、世界有数のケーブルテレビ放送局HBOアジアと初タッグを組み、日本国内ではHuluが独占配信、アジア19カ国ではHBOが独占放送し、世界20カ国で同日公開される。

 主人公シャーロック役で主演を務めるのは竹内結子。そのバディ役となる“和都さん”を貫地谷しほりが演じる。HBOアジア創立25周年を記念して、シンガポールで開催された記者会見に登壇した竹内と貫地谷。女性のシャーロックを演じることになった竹内は、「とても興奮する体験で、この素晴らしいプロジェクトに参加できてとても光栄に思います。新しいバディ・ドラマをぜひ世界の皆さんに楽しんでいただきたいです」と流暢な英語でコメント。和都さん役を演じる貫地谷も「ドクター・ワトソンを演じられてとても楽しかったです。嘘のない演技を目指しました」と語った。

 HJホールディングス株式会社チーフ・コンテンツ・オフィサーの長澤一史は「シャーロック・ホームズという誰もが知る古典的名作を忠実に活かしながらも、現代の東京を舞台に全く新しい魅力的なキャラクターが誕生したと感じています」とコメント。HBO ASIA CEOのジョナサン・スピンクは「日本のドラマは長い歴史があり、とても素晴らしいとかねてより思っていました。HBO ASIAとしては日本語のドラマを放送するのは今回が初めての試みになるのでこのドラマがたくさんの国で見られることを期待しています」と語った。(リアルサウンド編集部)