米国の市場会社IDCがまとめた、最新レポートによると、世界におけるスマートフォンの年間出荷台数は、今年(2017年)の約15億台から、2021年には約17億台となる見通しだ。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

ファブレット、2019年には5割超に

 その2016年から2021年までの年平均成長率は3.0%と、かつてのような高い水準ではない。しかしこの市場では、“ファブレット”と呼ばれる、ディスプレーが5.5〜7インチの大型端末が急速に伸びている。

 同社が推計する、今年のファブレット世界出荷台数は6億1100万台。これが今後、年平均18.1%の成長率で伸び、2021年には10億台に達するという。

 一方で、ディスプレーサイズが5.5インチ未満の普通サイズの端末は、減少していく。2012年時点では、ファブレットの全スマートフォン出荷台数に占める比率はわずか1%だった。しかしこれが、今年は4割に達し、2019年には5割を超えると同社は見ている。

中国はファブレットでも世界最大市場

 そして、その急成長を支えている主な要因は、米グーグルのOS(基本ソフト)「Android」を搭載するファブレット。

 しばらくの間、この分野では、いち早く大型端末を投入した韓国サムスン電子が市場を支配していた。しかし、それも今や昔の話。昨今は、世界最大のスマートフォン市場である中国で、数多くの地場メーカーがAndroid搭載ファブレットを手がけ、販売を伸ばしている。

 昨年は、ファブレット世界出荷台数の5割を中国が占めた。この傾向は今後も続き、同国は、大型スマートフォンの分野でも世界最大市場であり続けると、IDCは指摘している。

 消費者は、動画、ゲーム、ソーシャルメディアなどを、かつてより多くスマートフォンで楽しむようになっている。こうした状況で、大きなディスプレーは、端末購入時の重要な要素になっているという。

アップル、iPhone Xなどが奏功しプラス成長か

 米アップルも同様にファブレット分野で躍進している。IDCの推計によると、iPhoneの「Plus」モデルと「iPhone X」を合わせた出荷台数は、今年、iPhone全出荷台数の41.2%を占める。そして、この数値は来年、50%以上になるとIDCは見ている。

 アップルの2018年モデルについては、iPhone Xの大型版が登場するとの観測も出ている。これが事実ならば、アップルにおけるファブレットの比率は、さらに拡大するだろうと、IDCは指摘する。

(参考・関連記事)「早くも次期iPhoneの噂、「X Plus」も登場か」

 なお、昨年のiPhoneの年間販売台数は、2億1539万5000台で、前年実績から約7%減少した。しかし今年は、プラス成長に回復するとIDCは見ている。今年発売した、「iPhone 8」「同8 Plus」とiPhone Xがアップルの業績向上に寄与するという。今年におけるiPhoneの前年比伸び率は2.4%。来年はこれが8.1%になると、IDCは予測している。

筆者:小久保 重信