@AUTOCAR

写真拡大 (全3枚)

もくじ

ー アルファ・ロメオの決断 メリットは?
ー アストン×レッドブルから今後の動向を予想
ー アルファ・ロメオ これまでのF1の歴史

アルファ・ロメオの決断 メリットは?

アルファ・ロメオは2018年にザウバーF1チームのタイトル・スポンサーとしてフォーミュラ1へ復帰することとなった。この復帰は1987年以来初となる。

スポンサー交渉の中でも、アルファ・ロメオは新しい関係のもと、エンジニアリングに関する情報を両者でシェアすることで、「F1だけにとどまらない機会をそれぞれにもたらすことができます」と語っていた。

新しくアルファ・ロメオ・ザウバーF1チームと名乗ることになるが、アルファ・ロメオと同門のフェラーリとのエンジン調達に関する現行契約を継続することで、2018年も最新のパワートレインを使うことができる。

アルファ・ロメオの役割はエンジニアリングに関するノウハウを共有することにあるようだ。

アルファ・ロメオの親会社であるフィアット・クライスラー・オートモービルズのCEOであるセルジオ・マルキオンネによれば、「アルファ・ロメオのエンジニアたちは、既に新たに発売されたジュリアとステルヴィオで自分たちの能力を十分証明していますが、その経験をザウバーF1チームで活かすチャンスを得ることになるのです」と語った。

ザウバー・ホールディング会長のパスカル・ピッチは「自動車メーカーと緊密な関係を持つことはザウバー・グループの技術とプロジェクトをさらに発展させる素晴らしい機会になります」と説明している。

アストン×レッドブルから今後の動向を予想

2017年のコンストラクターズ・チャンピオンシップでザウバーは獲得ポイントわずか5ポイントで最下位に沈んでおり、ドライバーズ・ランキングでもパスカル・ウェーレイン、マーカス・エリクソンとアントニオ・ジョビナッツィはそれぞれ17位、20位と22位に留まっている。

フェラーリのジュニア・ドライバーであるジョビナッツィと今年のFIAのF2チャンピオンであるシャルル・ルクレールが2018シーズンのザウバーのステアリングを握ることが既に決まっている。

ルクレールはキミ・ライコネンからフェラーリのコックピットを奪う存在だと言われてきたが、フェラーリ・チームは常にルーキー・ドライバーの起用に消極的であり、ザウバーでの今年の戦いぶりでこの新人ドライバーを評価するつもりのようだ。

アルファ・ロメオのケースはアストン マーティンとレッドブル・レーシングのタイトル・スポンサー契約と同じようなものである。

この英国メーカーは2018年のレッドブルのタイトル・スポンサーになるが、2016年に始まった技術的な関係をより強化し、アストン マーティンがハイパーカーと称するヴァルキリーを生み出す一方で、将来的にはパワートレイン・サプライヤーになることも検討している。しかし2018年シーズン、レッドブルはタグ・ホイヤー・ブランドのルノー製ユニットを継続使用する。

この新たなアルファ・ロメオとザウバーの契約は、30年に渡ったアルファ・ロメオのF1休止期間を終わらせることになる。

アルファ・ロメオ これまでのF1の歴史

アルファ・ロメオは1950年に始まったコンストラクターとエンジン・サプライヤーとしてのタイトル争いに参加し、イタリア人ドライバーのニーノ・ファリーナによる初代F1チャンピオンと、翌1951年にもファン・マヌエル・ファンジオによってタイトルを連続して獲得している。

1970年代にはエンジン・サプライヤーとして参戦し浮き沈みを味わうこととなった。

この時代のアルファ・ロメオ製エンジンを積んだF1カーとして最も有名なのはゴードン・マーレーがデザインしたブラバムBT46「ファンカー」(写真上)だろう。

このマシンの特徴はリアに設置された巨大なファンであり、チームによればアルファ製水平対向12気筒エンジンを冷やすためとのことだったが、実際にはボディ下面に大きなダウンフォースを発生させるためのデザインだった。

1978年のスウェーデンGPでニキ・ラウダによってこのクルマは唯一の勝利を挙げたが、その後、F1責任者が違法と判断することはなかったにも関わらず、他チームからのクレームによりこのマシンの使用は中止された。

アルファ・ロメオは1979年から1985年までワークス・チームとしてもF1に参戦した。