電話会談する文大統領とトランプ大統領(イメージ)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は30日、トランプ米大統領と電話会談した。青瓦台(大統領府)の朴洙賢(パク・スヒョン)報道官が発表した。両首脳は北朝鮮が弾道ミサイルを発射した29日にも電話で会談している。

 両首脳による電話会談は7回目となる。この日の会談は日本時間の午後10時から約1時間に及んだ。

 朴報道官によると、韓米首脳は北朝鮮が核・ミサイル開発を放棄するための対話に出てくるまで強い制裁を課すとともに、強力な圧力をかけ続けることで一致。制裁と圧力を強化するために共に努力することを確認した。

 文大統領は会談で北朝鮮が29日に発射したミサイルについて、「さまざまな面でこれまでのミサイルのうち最も進展したことは確かだが、(大気圏への)再突入と終末段階誘導の分野に関する技術が立証されていないため、核弾頭の小型化技術を確保したかどうかは不透明だ」と述べたという。