吉祥寺の町に新たなミニシアター誕生 アップリンク吉祥寺パルコ、2018年冬開業

写真拡大

 アップリンク吉祥寺パルコ(通称:アップリンク吉祥寺)が、2018年冬、吉祥寺にオープンすることが発表された。

参考:映画館は“スクリーン張り替え”をエンタメ化できるか? 立川シネマシティ『ガルパン』上映に向けて

 アップリンク吉祥寺は、幅広い分野のカルチャーを牽引してきたパルコと、渋谷でミニシアターを運営してきたアップリンクがともにつくり出す、吉祥寺の新たな映画文化の拠点。これまでパルコとアップリンクは共同で映画作品の配給宣伝を行ってきたが、映画館運営は初の共同事業となる。

 スクリーン数は5つで、最大スクリーンは97席、最小スクリーンは31席、5スクリーンあわせて計300席となる予定。世界の映画祭で話題の作品をはじめ、アート系作品、インディーズ作品など、現在アップリンク渋谷で上映中の作品のほか、地域住民も楽しめるようなファミリー向け作品も上映する予定だ。(リアルサウンド編集部)