28日、大気汚染が深刻な中国でこのほど、スモッグ対策のためのある特許案が「あまりに空想(SF)的すぎる」として話題になっているという。写真は深刻なスモッグに覆われた日の北京。

写真拡大

2017年11月28日、米華字メディアの多維新聞によると、大気汚染が深刻な中国でこのほど、スモッグ対策のためのある特許案が「あまりに空想(SF)的すぎる」として話題になっているという。

26日付の中国紙・法制日報によると、この特許案は今年3月に杜(ドゥ)さんという男性が申請したもので、「スモッグの影響を受ける都市または地域で、人工的な方式により、同時に指定された方向へ力を合わせてあおいで風を起こし、スモッグを吹き飛ばす」という驚きの内容だ。

杜さんはこの発明について「低コストだが顕著な効果があり、二次的な環境汚染を招くこともない。1500万人が参加すれば強大な風圧を起こすことができる」と指摘する。

計算によると、高さ40メートル、長さ20キロメートル、幅20キロメートルに相当する分の空気を風の方向に沿って1時間内に68キロメートル移動させることができるというもので、北京の市街地の六つの区の総面積はだいたい長さ20キロメートル、幅20キロメートルであることから、杜さんは「この風力はちょうど、首都で形成された軽度のスモッグを市街地の外へ移動させることが可能で、重度のスモッグの発生を避けられる」と説明しているという。(翻訳・編集/柳川)