引退会見に臨む日馬富士と伊勢ケ浜親方(写真:日刊スポーツ/アフロ)

写真拡大

 大相撲の横綱・日馬富士と伊勢ケ浜親方は11月29日14時過ぎ、太宰府市の太宰府天満宮で記者会見をした。この会見で日馬富士は、何をしゃべらなかったのか――。

 伊勢ケ浜親方は当初、15分程度で会見を終わらせようとしたが、マスコミ側は自由な質疑応答を要求するなどして、すったもんだがあった。

 そもそも、なぜ29日の午前に相撲協会に引退届を出したのか。

「この日、番付編成会議が行われることになっていたからだ。同会議の前に“意思表示”をしなければ、来年春場所の番付に『横綱日馬富士』が堂々と載ることになる。相撲協会はこれを避けたかったのではないか」(マスコミ関係者)

 会見の冒頭、フラッシュの雨の中、日馬富士と伊勢ケ浜親方は頭を下げ続けた。会見で印象に残った言葉は2つ。まず一つは、伊勢ケ浜親方の「なぜ、このようなことになってしまったのか、ただただ不思議で残念でなりません」。もう一つは、日馬富士の「先輩横綱として、弟弟子が礼儀と礼節がなっていない時に、それを正し、直し、教えてあげるのは先輩としての義務だと思っています」だ。さらに、「今まで酒を飲んで問題を起こしたことはありません」「酒癖が悪いと言われたことは一度もないです」とも断言した。

「貴ノ岩関にけがを負わせて、心も傷つけたと思います」としながらも、「『彼のためになる、正しいことをしている』という気持ちが強い、行き過ぎたところがあった」と述べ、暗に貴ノ岩の態度に問題があったことを匂わせた。

 報道陣から「2日目まで土俵に上がっていたが、その時の気持は?」と聞かれ、日馬富士は「暴行のことが新聞に出ることもわからなかったし、親睦会のあと貴ノ岩が謝りに来て」と答えた。事件に発展するとの認識がなかったことが、本人の言葉から裏付けられた。

●苛立つ伊勢ケ浜親方

 伊勢ケ浜親方が色をなす場面も多く見られた。「公益財団法人の理事でもあるが、これまでの自身の対応を振り返って、どう評価するか」と聞かれると、「私ですか。私は全部、筋道を通して、きちんとやってきました。それだけです」「(暴行を)知ってすぐに謝罪しました。電話でもしました。私は謝罪に行くと言って、また断られた時もありましたけれど」と自身の正当性を強調した。

 報道陣からは、何が凶器になったのかなど、事件の詳細を尋ねる質問は出なかったが、「何があって、どういう経緯だったのか?」との質問に対し、伊勢ケ浜親方が苛立ちを隠さずに「ちょっといいですか、私で。今の質問に対して」「まだ捜査も続いていますので、そういったことに対しては答えられないですね」などと質問を遮る場面もみられた。

 さらに、「対応が遅れたとの声もあるが」と質問した記者に対し、伊勢ケ浜親方は「なんの対応ですか?」とつっかかり、「すぐに謝罪しました」と反論。引退を決めた心境やタイミングについて立て続けに質問が出た際にも、「その質問が、ちょっとおかしいんじゃないですか」「それをさっき述べたんだから、同じ質問を繰り返して」「同じような質問じゃなくて。(質問者は)代わってください」などと報道陣を批判し、口論のようになった。

「100人以上の報道陣が集まっていたようだが、相撲担当のアナウンサーや記者、テレビのワイドショーのリポーターがわいわい集まって行われたという印象で、手ぬるい質問や同じような質問、何を聞きたいのかよくわからない質問ばかり。もし全国紙の社会部の記者が出席していれば、もっと鋭い質問が出たのではないだろうか。いずれにせよ、当然ですが、会見での伊勢ケ浜親方の態度は早くも各方面で波紋を呼んでいます」(マスコミ関係者)

 今後、日馬富士がじっくり本音を語る機会があるのだろうか。
(文=編集部)