こちらはカリスマ動画クィーン・ゆきぽよ/(C)AbemaTV

写真拡大

11月29日の「タカトシのバラエティだろ〜が!!」(AbemaSPECIAL)は、人気企画『リベンジグラビア』を放送。Iカップグラビアアイドル・青山ひかるらが悩殺グラビアに挑戦した。

【写真を見る】ちまたで話題のIカップ“猫系グラドル”がビキニ姿で悩殺!/(C)AbemaTV

今回は、リベンジサポーターを芸人のガンバレルーヤの2人が務め、ゲストのリベンジガールには、グラビアアイドルの青山、自称“根暗のアンダーグラウンドなグラドル”の立川みくの、カリスマ動画クィーンのゆきぽよが登場。

青山がリベンジしたい相手は、グラビアの撮影で知り合った「カメラマンのP」。その理由は、海外でのロケ中にお酒が入ったPが連発した下ネタを聞きたくなかった青山が携帯をいじっていたところ、怒られたからだという。

「何で私が怒られなきゃいけないの!? こっちが被害者なんですけど!」と、いつか絶対にリベンジしてやると誓ったそう。

続いて立川がリベンジしたい相手は、飲み会で知り合ったイケイケ系キャラの「お笑い芸人P」で、Pの後輩と3対3で飲んだ時に、第一印象ゲームで立川が選ばれ、いい気分で飲んでいたのに、「グラドルなんてさ、おっぱいがデカければ誰でもなれるわけじゃん。俺たち芸人はさ、ネタ書いて、いかなる場所でも席を盛り上げて。俺らは、おまえらみたいな頭空っぽのスッカラカンと違って、大変なんだよ!」とキレられたという。

それを聞いた立川は「だったらこの飲み会、私の方が盛り上げてやるよ!」と言い、その後お酒を浴びるほど飲み、全力で歌い、踊り続けたのだが、その後の記憶がなく、目が覚めると1人だけ放置されていたというエピソードを語った。

タカアンドトシ・トシに「芸人とのコンパはありますか?」と聞かれたゆきぽよは「コンパはしたことないですけど、トレンディエンジェルのたかしさんが、勝手に私と付き合っているといううそをばらまいてる」と暴露。

「番組収録で一度だけ一緒になったことがある」と説明すると、トシは「あのハゲ、頭おかしいわ!」と、あきれた表情を見せた。

続いて、そんなゆきぽよのリベンジしたい相手は、高校2年生の時に出会った2歳年上の「婚約者P君」と発表。「婚約までしていたのに、浮気をされた」とリベンジしたい理由を明かした。

婚約者という響きに、トシは「は? 婚約者いるの!?」と驚き、ゆきぽよは「婚約してたんです。高校生の時に。17歳の時に婚約しました。結構ガチ」と衝撃の事実を明かした。

そして、3人が戦闘服の水着に着替えたところで、いよいよリベンジしたい人の登場へ。今回もスタッフが出演交渉をした結果、1人がスタジオに現れる流れに。

リベンジガールが見守る中、現れたのは立川がリベンジしたい相手「お笑い芸人P」こと、ピスタチオの伊地知大樹。

トシが原因となった「コンパは覚えていますか?」と確認すると、伊地知は「覚えています。最初見た時、普通にかわいらしい子だなって思って、テンション上がったんですけど、途中からちょっとね、ひどかったんです」と語る。

暴言を吐いたのは、グラビアアイドル全体に対してではなく、立川だけに向けて言った言葉だったと弁解した。

今回は“リベンジ・コンパ”と題して、伊地知、タカ、そしてリベンジガールで即興のコンパを開催し、伊地知を「あの時、お持ち帰りしたら良かった」と後悔させるべく、立川が思う存分アピールすることに。

そして伊地知に「後悔」か「幻滅」と書かれたボタンを渡し、リベンジが果たせたのか判定する場面に。また今回は、伊地知にお持ち帰りしたいと思わせた女性を選んでもらうという試みを行った。

立川は「後悔」のボタンを押させるべく、伊地知に変顔やボディータッチ、そして「立川・オブ・ジョイトイ」といったセクシーポーズなどを仕掛けた。(ザテレビジョン)