ARTURIAの人気MIDIキーボードにブラック・エディションが数量限定で登場「KeyLab 88/MiniLab MKII Black Edition」

写真拡大

ARTURIAのベストセラーMIDIキーボード・コントローラーのブラック・エディションが数量限定で登場。「KeyLab 88 Black Edition」「MiniLab MKII Black Edition」が12月2日より発売される。

シンプルで強力なコントロール、直感的なパフォーマンス機能に加え、充実のソフトウェアをバンドルした2機種。白を基調としたオリジナル・モデルと、数量限定のスタイリッシュなブラック・エディション、今なら好みのカラーが選択可能だ。

「KeyLab 88 Black Edition」は、ピアニストに理想的な88鍵のFATAR製ハンマーアクションキーボードを搭載(ベロシティ/アフタータッチ対応)。9本×2バンクのスライダー、10基×2バンクのエンコーダー、10基のアサイナブルスイッチ、6個のトランスポートボタン、ピッチベンド/モジュレーション・ホイール、オクターブアップ/ダウンボタン、そして、バックライト付きのベロシティ/プレッシャーセンス対応16パッドも搭載。ラップトップシンセや小型シンセを置くための拡張シェルフやiPad/譜面スタンドも備える。付属ソフトウェアは5000音色を備えるAnalog Labソフトウェア・シンセサイザーに加え、Ableton Live Liteをライセンス収録。サイズ/重量は1275×350×95mm/13.0kg。

一方の「MiniLab MKII Black Edition」は、移動の多いミュージシャンにうれしいコンパクト&軽量かつ堅牢なコントローラー。25鍵のスリム・キー、16個のノブ、8個のパッド、タッチ・コントロールを省スペースなボディに搭載。鍵盤演奏やドラム・ビートの作成、シンセ・パッチのエディットなど自由自在にコントロール可能。小型ながらサステイン・ペダル端子が用意されるのもうれしいところ。ソフトウェアは伝説的なシンセ、ピアノ、オルガンやストリングス・マシーンのサウンドを豊富に内蔵したAnalog Lab LiteとAbleton Live Liteなどが付属する。サイズ/重量は355×220×50mm/1.5kg。
製品情報
◆KeyLab 88 Black Edition
価格:140,000円(税別)
◆MiniLab MKII Black Edition
価格:18,000円(税別)
発売日:2017年12月2日