バイキング・小峠英二が「芸能義塾大学」に登場/(C)AbemaTV

写真拡大

12月1日(金)に放送される「芸能義塾大学」では、バイきんぐ・小峠英二が講師として登場し、女性タレント陣にドッキリ番組の正しいハメられ方を伝授する。

【写真を見る】“テラハ史上No.1美女”と称されるNikiがミニスカ美脚を披露/※画像はNIki(__niki22)公式Instagramのスクリーンショットです

今回は「身につければ撮れ高100点!ドッキリ番組の正しいハメられ方講座」と題し、バイきんぐ・小峠が生徒として参加するタレント・菊地亜美、今井華、山地まり、Niki、関あいかの5人に、ドッキリの正しいハメられ方を教える。

小峠といえば、ある番組で発表された“ドッキリにかけられた芸能人ランキング”で、2014年、2015年度と1位に輝いたほどの“被ドッキリタレント”。「2日間で、仕事が3つあって、その3つが全部ドッキリだったことがあります」と告白すると、生徒たちは驚きの表情を見せる。

小峠は、若手女性タレントがドッキリを大切にするべき理由に「トークスキルが要らない」「露出時間が多い」とし、「ドッキリというのはリアクションですから、普通のトーク番組のような振られた時の返しが要らないですから。一瞬の躍動感に全てを懸けます。だからトークスキルは一切必要ないです」と持論を展開。

続けて「露出時間が多いっていうのはありますね。結局ドッキリにかかっている間は、ずっとその人を抜いているわけですから。1人ロケしているようなものですよ。しかもドッキリは、大体ゴールデンのいい時間にしかやりませんから。その時間に、ずっとピンで出続けるっていうのは、相当お得なんじゃないかと思います」と力説すると、女性タレント陣は「確かに!」と納得した様子を見せた。

続いて、もしゲストが、ドッキリ番組に出演することになった時を想定し、“100点満点の撮り高”が生み出せる正しいハメられ方を、小峠が順番にレクチャー。

小峠は「1番やりがちなのは、オーバーリアクション。これは良くないんですよね。欲しいのはあくまでも素のリアクション」と語り、オーバーリアクションやうそのリアクションは通用しないと解説した。

生徒のNikiが「ドッキリのリアクションが上手な方って、どなたですか?」と質問したところ、「この3人はやっぱりオーバーじゃないんですよね。素のリアクションなんです」と名前を挙げる3人の芸人とは?

続いて小峠流・ドッキリの見分け方では、マネジャーから「BSの特番の仕事が入ったよ」と言われたら警戒した方がいいとあり、これには小峠も「こんなすごい言葉はないですよ! ありそうです! ゴールデンとかだったら、ちょっとうさん臭い。“BSの特番”はこんなリアルなフレーズはないですよ!」と興奮気味に、注意するべきだと解説した。

ほか、小峠がレクチャーする楽屋にあったら警戒するべきもの、知っておきたいドッキリの裏側などもオンエア内で明らかになる。(ザテレビジョン)