【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)は30日、鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長(閣僚級)が主宰する国家安全保障会議(NSC)常任委員会を開いたと発表した。

 外交部長官、統一部長官、国防部長官、情報機関・国家情報院トップら出席者は前日の北朝鮮による弾道ミサイル発射や今後の対応策などについて踏み込んだ議論を行った。来年2月の平昌冬季五輪を成功させるための外交・安保関連の事案についても意見を交わしたという。