29日、元慰安婦の人生を描いた韓国映画「アイ・キャン・スピーク」(キム・ヒョンソク監督)が、国際人権非政府組織アムネスティ・インターナショナルの言論賞特別賞に選ばれた。写真は韓国の元慰安婦らが生活するナヌムの家。

写真拡大

2017年11月29日、元慰安婦の人生を描いた韓国映画「アイ・キャン・スピーク」(キム・ヒョンソク監督)が、国際人権非政府組織(NGO)アムネスティ・インターナショナルの言論賞特別賞に選ばれた。同作は今年9月の封切り直後から韓国で人気を博しているほか、韓国の二大映画賞の一つ、青龍映画賞でも2冠を獲得しており、韓国メディアは今回の受賞について「受賞ラッシュ」「快挙」などと報じている。

韓国・SBSなどの報道によると、同作の制作陣と主演の元慰安婦役を務めた女優ナ・ムニは28日、アムネスティ・インターナショナル言論賞特別賞受賞者に選定された。言論賞は、毎年12月10日の「世界人権デー」に合わせ人権問題に取り組んだ番組・映画などに贈られるもので、韓国では過去、軍艦島(長崎・端島)について取り上げたバラエティー番組「無限挑戦」の受賞例がある。

主人公は、身の回りのあらゆることを区役所にクレームすることで知られる名物おばあちゃん・オクプン。実は彼女には慰安婦としての過去があり、戦時中の「被害」を米議会で証言するため苦労しながら英語を学ぶというストーリーだ。慰安婦問題を「ヒューマン・コメディー」というジャンルで表現した新たな試みが受けているといい、韓国では現在までに約325万人の観客を動員したという。

アムネスティ・インターナショナルは「米議会で日本軍慰安婦の謝罪決議案が議決された2007年の話を、大衆的な形にかみ砕き描いた」と選定の背景を明かし、「被害者のおばあさんの現在に光を当て、勇気を持って全世界を前に証言したオクプンの進取的な生き方を通し、今の私たちに反省をさせてくれた」と作品を評価した。

この報道に、韓国のネットユーザーからは「おめでとう」と祝福コメントのほか、「本当にいい映画だよね」「実話を基にした映画の実にいい例だ」「最近の韓国映画の中では一番泣けた」「ラストシーンは今も忘れられない」など映画の感動を改めて思い起こす声が寄せられている。

また、祝福と合わせ「アムネスティ・インターナショナルは利害関係抜きに公正で正しい団体だと思う」と寄せる人もいた。(編集/吉金)