【六川亨の日本サッカー見聞録】国内組で選手層に不安を抱えるポジションとは

写真拡大

▽今週末はJリーグが熱い! まずJ1は、12月2日に首位の鹿島が磐田に引き分けるか負けて、2位の川崎Fが大宮に勝ったら、川崎Fの初優勝がきまる。そして15位の清水が神戸に引き分けるか敗れ、16位の甲府が仙台に勝ったら、清水のJ2降格と甲府のJ1残留が決まる。鹿島、清水とも引き分けた場合は川崎F、甲府と同勝点ながら、得失点差で後者がリードしているという痺れるようなシチュエーションだ。

▽翌3日にはJ1昇格プレーオフで名古屋と福岡が激突する。こちらは年間勝点で名古屋が1点上回っているので、名古屋は勝てばもちろん引き分けでも昇格できる。さらに3日はJ3リーグの最終戦が行われ、首位の栃木は2位の沼津と直接対決。3位の秋田にも優勝の可能性があるものの、沼津と秋田はJ2昇格のライセンスを保持していないため、この2チームが1位と2位になったら、J2の22位・草津と21位・熊本は残留が決まる。栃木が優勝した場合のみ、草津がJ3へ降格となる状況だ。

▽そして翌週からはE-1選手権に向けた代表キャンプがスタートする。ハリルホジッチ監督いわく「最終ストレートに入る前の最後のテスト」と語った大会のメンバーが11月29日に発表された。今回は国内組の選手で、5人が初招集となった。23人の顔ぶれを見た正直な感想は、「サイドバックがいないな」というものだった。

▽今回招集されたサイドバックで、右SBの西(鹿島)は「攻撃面で面白い選手」、初瀬(G大阪)は「いいキックを持っていて、守備よりも攻撃で面白い選手」、左SBの車屋(川崎F)は「試合のたびに成長が感じられ、代表には左利きの選手があまりいない」、山本(鹿島)は「特徴は守備にあり、空中戦も強い」と指揮官は招集理由を述べたものの、いまひとつ説得力に欠ける。

▽日本代表のSBは、長らく長友と酒井宏が務め、彼らのバックアッパーとして酒井高と槙野が選出されてきた。10月と11月のテストマッチでは、槙野はCB(センターバック)としても起用されるなどプレーの幅が拡がったのは歓迎すべき事態だ。しかしながら、SBの層の薄さは依然として解消されていない。

▽それは元技術委員長の霜田氏も懸念を示していた。リオ五輪のチームに招集した右SBファン・ウェルメスケルケン際は代表レベルではないことがわかり、室屋(FC東京)に落ち着いた。左はOA枠の藤春(G大阪)が務めたように、1つ下の年代でもSBは日本のネックだった。霜田氏は「室屋あたりが代表に入ってきて欲しい」と話していたが、FC東京の不振が響いたのか、ハリルホジッチ監督からは一度も声がかかっていない。

▽長身GKとCBの育成に加え。攻守にアップダウンできるSBの育成と発掘も日本代表の急務と言えるだろう。

▽今回招集されたメンバーで、最終選考に残りそうなのは、GK東口(G大阪)、DF車屋、昌子(鹿島)、MF井手口(G大阪、倉田(G大阪)あたりの“常連組"で、今大会が“追試"となる清武(C大阪)、金崎(鹿島)、杉本(C大阪)は活躍次第といったところだろう。今野(G大阪)はアウェーのUAE戦での評価が高いだけに、ブラジルW杯の大久保(FC東京)のようなサプライズ選手があるかもしれない。【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。