画像提供:マイナビニュース

写真拡大

NTTレゾナントは11月29日、AHVAパネルを搭載したDOSHISHA製の32型4K液晶ディスプレイ「OD4K-32B1」の取り扱いをアナウンス。同日から、オンラインストア「NTT-X Store」において先行予約の受け付けを開始しており、12月15日に発売する。価格は36,980円(税別)。

OD4K-32B1は、3,840×2,160ドット解像度の32型4K液晶ディスプレイ。液晶パネルには非光沢(ノングレア)のAHVAパネルを採用している。映像入力インタフェースは、4K/60p対応のDisplayPort×1と、HDMI×3(うち1系統は4K/60p対応)、D-sub×1を装備する。

画面内で、最大4エリアの分割表示が可能な「マルチウィンドウ機能」に対応。メイン画面の中に子画面を表示する「ピクチャーインピクチャー(PIP)」表示も可能だ。そのほか、動きの速い映像に適した「オーバードライブ機能」、映像に合わせてコントラストを調整する「ダイナミックコントラスト機能」、映像の解像感を調整する「超解像機能」などを搭載。目の疲れに配慮した機能として、細かいちらつきをなくす「フリッカーフリー」を採り入れている。

主な仕様は、視野角が水平垂直とも178度、輝度が280cd/平方メートル、コントラスト比が1,000:1、応答速度が12ms(GTG)。2W+2Wのスピーカーを内蔵し、VESAマウント100mmに対応。スタンドのチルト角度は上15度/下5度。本体サイズはW737×D167×H485mm、重量は約6.8kg(スタンド含む)。