Mateシリーズの最新モデルとなる「HUAWEI Mate 10 lite」

写真拡大

 ファーウェイ・ジャパンは11月28日、新世代スマートフォン「HUAWEI Mate 10 Pro」とともに、狭額縁デザインで縦横比18:9の超ワイドディスプレイのSIMフリースマートフォン「HUAWEI Mate 10 lite」を12月8日に発売すると発表した。税別の実勢価格は4万2800円前後の見込み。

 正面に2.5D曲面のガラスを採用したメタルユニボディに、背面のメインカメラ・インカメラともダブルレンズを搭載。日本のマーケットでファーウェイが初めて投入する、計四つのレンズを搭載する「4カメラ」搭載ミドルエンドモデルだ。

 インカメラは、F値2.0の1300万画素のレンズを主に使用しながら、200万画素のレンズで被写界深度(DOF)情報を収集し、背景を正確にぼかす、広い範囲の光で立体感を持たせ、顔をスリムに見せるなど、従来のシングルカメラでできなかった描写が可能という。メインカメラの仕組みも同様で、1600万+200万画素の2枚のレンズを組み合わせ、ポートレートモードやワイドアパーチャーモードといったさまざまな撮影モードで、もっと簡単によりきれいな写真を撮ることができる。

 もうひとつの特徴は、解像度2160×1080、縦横比18:9の約5.9インチで、フレーム部分をほとんど感じさせない超ワイドディスプレイ。5.9インチの大画面ながら、手に持つと5.5インチ並みのサイズ感に収まり、女性の手でも持ちやすい。

 独自CPU「Kirin 659」、3340mAhの大容量バッテリ、micro SDカードスロット、指紋認証センサなどを搭載する。ストレージ容量は64GB。OSはAndroid 7.0/Emototion UI 5.1。カラーはオーロラブルー、グラファイトブラックの2色。サイズは幅75.2×高さ156.2×厚さ7.5mm、重さは約164g。