NEWSから最高のプレゼント!制作初挑戦のミュージカルをクリスマスに放送

写真拡大

アイドルグループ・NEWSが、12月25日(月)24時20分より放送される『NEWSICAL』(フジテレビ)にてミュージカルの制作に初挑戦することがわかった。

タイトルに、NEWS×ミュージカルという意味が込められている同番組。2018年にデビュー15周年を迎えるNEWSが、さらなる飛躍を遂げ、より多くの人々により素晴らしいエンターテインメントを届けられるよう、自らの手でまったくのゼロから、6分間のミュージカルを制作する。悪戦苦闘しながらも「最高のものを届けたい」と、ひたむきに走る4人の姿に密着したドキュメント映像、そしてNEWSがたどり着いた、歌、ダンス、芝居、あらゆる要素が盛り込まれた、J-POPの枠を越える奇跡のショーが披露される。2017年聖夜にNEWSから贈られる、最高のクリスマスプレゼントとなる。

制作は今年8月からスタート。メンバーは、各々の個性や強みを活かして役割を分担した。「作」と「構成」を担当するのは、小説家としての顔を持つ加藤シゲアキ。加藤に与えられたテーマは「クリスマス」のみ。自由なことが逆に不自由となる条件の中、振り付けのプロに相談もしながら、加藤は、悩み、苦しみ、そして世界に一つだけのストーリー紡ぎ出した。

また、NEWSのライブやミュージックビデオの衣装を手がけたこともある、メンバーの中で最もファッションにこだわる増田貴久は「衣装デザイン」を担当。加藤が生み出したストーリーを補完すべく増田ならではの感性で衣裳デザインを手掛ける。

そして、抜群の歌唱力でボーカルをリードする手越祐也は「歌」を担当。ただし、単に歌うのではなく、今後のNEWSの活動にフィードバックしたいという思いで、1人でいくつものパートを重ねていく多重録音という新たな表現方法を取得することに挑戦している。そこで、ア・カペラと楽器の多重録音で“ひとりオーケストラ”とも称されるグラミー賞アーティスト、ジェイコブ・コリアーの元へ多重録音のイロハを学ぶため修行に出かける。

そしてNEWSのリーダー・小山慶一郎が務めるのはミュージカルの「主役」。ステージに立つのはメンバー全員だが、主役として小山が中心に立ち、物語、ダンス、衣装、歌、それぞれのメンバーからの創造物を、芝居を通して完成させる。果たして、どのようなミュージカル、そして世界が作り出されるのか?

番組では、そんなミュージカルの6分間にわたるフルバージョンを放送するが、先んじて12月6日(水)17時からに放送される『2017FNS歌謡祭』で、約4分間のショートバージョンが全国放送にて披露される。

三浦淳プロデューサーのコメントは以下の通り。

「NEWSの15周年に向けての“ステップアップ”というテーマで動き始めたこのプロジェクト。今まで経験したことがないことへの挑戦を通じて、乗り越えられない壁や失望にぶつかった彼らの姿、制作の裏側として動く彼らの姿、彼らがテレビやステージ上では見せない表情や姿を、密着ドキュメンタリーとして当初考えていましたが……果たしてどのくらいそんな姿が見られるのか? テレビでは伝えられないくらい長時間かけて取り組んでくれた人や、他の仕事で忙しいなか合間を縫って地道な作業をしてくれた人もいれば、普通の人では気が遠くなる作業も楽しみながらスイスイとこなしてしまう人も。この数か月間で4人のキャラクターがだいぶ見えてきました。キャラクターは様々ですが、共通して言えることは、何事においても手を抜かず真剣に取り組んでくれるということ。それがNEWSの魅力だと改めて実感しました。そんな4人の真剣な姿も見所の一つですが、やはりメインは初挑戦となるミュージカル! 約6分間のミュージカルはどのような構成・振り付けになっているのか? 衣装はどのように仕上がっているのか? 多重録音はどのような仕上がりになっているのか? ゼロから始まったこのプロジェクトが完成・披露されるまでのドキュメントを楽しんでいただきたいと思います。クリスマスの夜にNEWSからの素敵なプレゼントをフジテレビがお届けします!」