iPhone XとApple Watchを同時に急速ワイヤレス充電できるFunximがクラウドファンディングサイトのKickstarterに登場しました。2018年1月の出荷が予定されているサードパーティー充電器は、Apple公式のワイヤレス充電マットであるAirPowerよりも早くユーザーの手元に届く可能性があります。

AirPowerと見た目がそっくりな「Funxim」

Funximは、iPhone8、iPhone8 Plus、iPhone X、Apple WatchのためにデザインされたQi規格対応の急速ワイヤレス充電器です。送電効率が80%を超えているため、iPhoneとApple Watchを同時に急速ワイヤレス充電できるのが特徴となっています。
 
見た目もAirPowerにそっくりなFunximは、iPhoneだけでなくAndroidデバイスにも対応しています。
 

 
Funximの一般販売予定価格は79ドル(約8,846円)となっていますが、11月30日現在、Super Early Birdの29ドル(約3,234円)が残りわずかですがまだ注文可能となっていますので、興味がある方は早めのオーダーをおすすめします。

発表されたのにまだ発売されていないAirPower

ワイヤレス充電マットであるAirPowerは、9月のApple新製品披露イベントにて発表されはしたものの、発売時期は来年とされています。
 
新製品を発表してから実際に発売するまでかなりの時間差が存在する、最近のAppleの傾向については様々な原因の可能性が考えられますが、公式製品が出る前にサードパーティー製品が販売開始されては元も子もないのではないでしょうか。
 
 
Source:Kickstarter
(lexi)