BMW・2シリーズ グランツアラー改良型プトロタイプの鮮明なスパイショットを入手しました。もともと営利目的より、メルセデス・ベンツ『Bクラス』に対抗するために開発されたモデルですが、初の改良モデルではフロントマスクをリフレッシュし、本腰を入れるようです。

ヘッドライトには円形ユニットではない六角形のヘキサゴンLEDイカリング、ワイドなキドニーグリルなどBMW新世代のデザインが採用されます。さらに機能が向上する新エアダクト形状、テールライトも新グラフィックへ変更されるはずです。

パワートレインは1.5リットル直列3気筒エンジンと2リットル直列4気筒エンジンにそれぞれガソリンとディーゼルがラインナップされ、馬力向上も期待できるかもしれません。そのほか、iDriveインフォテインメントシステムがアップグレードされ、トリム類の見直し、ボディカラーに新色が用意されるといいます。

ライバルのメルセデス・ベンツ Bクラスは第三世代の次期型が着々と開発中で、早ければ2018年秋にも登場が予想されています。BMWとしては、それ以前の3月ジュネーブモーターショーでの公開を目論んでいるようです。

(APOLLO)

BMW・2シリーズ グランツアラーに初の改良型!最新世代のフロントマスクで2018年3月デビュー?(http://clicccar.com/2017/11/30/534782/)