画像提供:マイナビニュース

写真拡大

東京メトロは11月30日、「トイレ空室状況提供サービス」の実証実験を2017年12月1日から2018年2月28日まで池袋で実施すると発表した。同実験は利用者のニーズ検証やトイレの稼働状況を分析し、トイレの快適性や利便性向上につなげるために実施される。

トイレの空室状況は、東京メトロ公式アプリ内「メトロラボ2017」から確認することが可能だ。対象のトイレは東京メトロ池袋駅の丸ノ内線エリア(丸ノ内線 中央通路東改札近傍)、有楽町線エリア(有楽町線 南通路西改札内)、副都心線エリア(副都心線 西通路東改札内)、有料トイレ(Echika池袋 ESPACE PAUSE)の4カ所。