画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ロックオンは11月30日、マーケティングプラットフォーム「アドエビス」と、マルケトが提供するマーケティングオートメーション「Marketo」の連携を開始すると発表した。

アドエビスとマーケティングオートメーション「Marketo」を連携することで、アドエビスで計測された動画広告の視聴やバナー広告のクリックといった活動履歴データを、Marketoが保有する顧客情報側にシームレスに紐付けることが可能となる。

これにより、顧客がコンバージョンに至った経緯を加味した上で必要なコンテンツを、適切なタイミングで届ける一気通貫したOne to Oneマーケティングを実現することができる。

例えば、広告やキャンペーンに応じたリードのスコアリングや、流入経路に応じたメールによるリードナーチャリングといったマーケティングオートメーションの機能拡充はもちろん、成約に至った顧客を獲得したキャンペーンの可視化といった、広告のレポーティングにも活用することが可能。企業は、迅速に顧客ニーズを汲み取り、最適なアプローチを行うことで、見込み顧客の獲得から育成まで、継続的な信頼関係の構築が可能になるとしている。