画像提供:マイナビニュース

写真拡大

IMVとNTTテクノクロスは、工場内の機器からIoTにより取得した振動データの診断結果を見える化する「ラムダバイブロ分析システム」を共同で開発し、2018年3月にIMVが受注を開始すると発表した。

各センサーからの振動データを収集・解析することで、機器に生じる振動の小さな変化から設備機器の劣化部位を細かく特定することができ、機器異常の早期発見につながるという。

このシステムは、導入企業の機器配置図に合わせてどの場所のどの機器に異変があるのかを表示することが特徴。故障した機器の設置場所を把握するだけでなく、その機器のどの部分に故障が生じたかを把握するために、あらかじめセンサーを複数個所に設置することで、故障箇所をより狭域で特定することが可能だという。

収集されたデータが「注意が必要」「危険な状態」となる値を超えると、システムから自動でアラートメールが送信されるため、余裕のある部品調達や機器の停止計画が立案でき、突発故障による損失を防止する事ができるという。