「刑事ゆがみ」第9話にゲスト出演する二階堂ふみ/(C)フジテレビ

写真拡大

12月7日(木)に放送される「刑事ゆがみ」(フジ系)第9話に、若手実力派女優の二階堂ふみと女優として近年目覚ましい活躍を見せる真野恵里菜が出演することが分かった。

【写真を見る】鑑識係を演じる真野恵里菜のビジュアルにも注目!/(C)フジテレビ

2人が出演する第9話では、資産家の元医師が自宅で変死体となって発見され、弓神(浅野忠信)や羽生(神木隆之介)らが、その事件について捜査を開始。

被害者の薮田恒男(渡辺哲)は、熱湯が張られた風呂の中で、体に無数の傷やあざをつけられるという異様な方法で殺されており、屋敷内の金庫の中身や高価な美術品は盗まれていなかった。

そして薮田の上着から「積年の恨み、ここに晴らす」と書かれたノートの切れ端が見つかっていたことから、怨恨(えんこん)の線で捜査は進む。その薮田の第一発見者が、薮田家に通う、二階堂演じる家政婦・石崎春菜で…というストーリーだ。

二階堂は、2011年に17歳にして、映画「ヒミズ」で日本人初となるヴェネツィア国際映画祭・最優秀新人賞を獲得。また、浅野と共演した映画「私の男」(2014年)では、日本アカデミー賞優秀主演女優賞、ニューヨーク・アジア映画祭 スター・アジア・ライジング・アワードを受賞するなど、演技力には定評がある。

なお、神木とはドラマ「東野圭吾『変身』」(2014年、WOWOW)で主人公とヒロインという近い間柄で共演している。

また、真野は今回の事件捜査の重要な証拠を洗い出す、うきよ署の鑑識係・子門真佐子役を務める。公開中の映画「覆面系ノイズ」でのセーラー服姿も「違和感なさ過ぎ!」と話題を呼んでいる彼女が、鑑識係のビジュアルにも注目が集まる。

浅野とは今回が初共演、神木とは、映画「SPEC〜結〜」(2013年)以来約4年ぶりの共演となる。

二階堂は、主演の浅野の印象を「浅野さんは、久しぶりにお目にかかっても、とてもすてきで、気さくで、独特の雰囲気をお持ちの方だなと思いました」と絶賛。

また、神木との再共演について「初めは結構緊張していたんですが、神木君がいてくださったのでとても心強くて、今回もたくさん引っ張ってくださいました。合間に私が『セリフ言うの緊張するんだ…』と言うと、『そうだよねー』と、いろいろ話を聞いてもらったりして、とても楽しく撮影することができました」と振り返った。

また、あらためて自身の役どころについて「楽しい役だなと思ったので、作品の雰囲気がヒリヒリしている中でも見ている方が“クスッ”と笑っていただけるようなチャーミングな役になればいいなと思います」とアピールした。(ザテレビジョン)