キスするのが不安…女医が教える、口臭の原因と対処法

写真拡大

 自分ではなかなか気づきにくいですが、ふとした時に、「もしかしたら口臭があるんじゃないか」と思うことはありませんか?

===============
【女性に質問】Q. デート中、口臭が気になったことはありますか?

・はい(81名)
・いいえ(19名)

回答時期:2017.02.16〜2017.03.04
総回答数:100名が回答
===============

 自分の口臭を気にしている女性は多く、特に、デート中にパートナーにどう思われるかを気にしている人が多いようです。ラブリサーチが実施したアンケート『デート中、口臭が気になったことはありますか?』によると、81.0%の女性が口臭を気にしていることがわかりました。今回の記事では、デート中、特にパートナーと密着して顔を近づけた時に口臭を気にしなくてよくなる対処法についてお話したいと思います。口臭の悩みがなくなることで、より彼との時間を楽しむことができることでしょう。

◆口臭が気になる瞬間1:コーヒーを飲んだ時

 デート中、歩き疲れて入ったカフェや、ランチやディナーの食後に、「ちょっとコーヒーでも飲もうか」となることはありませんか。コーヒーが大好きと言う人も多いですが、実は、コーヒーは口臭の原因になってしまうのです。

 コーヒーには、クロロゲン酸などのポリフェノールがたくさん含まれていて、コーヒーの苦味や褐色、独特の香りの元になっています。クロロゲン酸には、胃酸を活発にする働きがあるので、他の飲み物に比べるとコーヒーは胃荒れの原因になるのです。焙煎することで、クロロゲン酸は分解されてしまうのですが、コーヒーの4%程度を占めているのはクロロゲン酸と言われています。コーヒーを飲んだ後の口臭の原因は、このクロロゲン酸なのです。

 口臭を気にしている人は、デート中にカフェに入った時、コーヒーを我慢して別の飲み物を選ぶようにしましょう。オススメは紅茶やココアです。これらの飲み物には消臭成分が含まれるので、食後にもオススメです。どうしてもコーヒーが飲みたい場合は、携帯できる口臭予防アイテムなどを活用しましょう。自宅でコーヒーを楽しむ時は、飲み終わったら液体歯磨きなどを利用すると良いでしょう。

◆口臭が気になる瞬間2:キスをする時

 キスをする時、どうしても顔を近づけるので口臭は気になってしまいます。キスの時は、口臭だけではなく唾液のニオイも気になるのではないでしょうか。大好きな人とキスをした後に唾液が臭かったら、キスしたくなくなってしまうかもしれません。歯垢がたまっていたり歯周病や虫歯がある人の唾液は臭い匂いになります。通常、唾液は分泌された時は無臭なのですが、口腔内の様々な原因で悪臭の原因になるのです。

 唾液が臭わないようにするには、デンタルケアが大切です。虫歯を治療せずに放置していたり、歯磨きする時に出血があるのに放置していたり、不完全な歯磨きは唾液の匂いの原因になるので要注意です。

 また、キスの時に気になる口臭の多くは、口腔内の乾燥が原因かもしれません。キスをする時、特に興奮して気持ちが高ぶっている時は、唾液の分泌量が少なくなり、口腔内が乾燥します。口腔内が乾燥すると、食べ残しなどの汚れが洗浄されずに匂いの原因になったり、ニオイの元になる細菌が繁殖しやすくなったりします。ストレスがかかっていたり、疲労が溜まっていたりする人も、ニオイの元になる細菌=ニオイ菌が繁殖して、口臭を起こしてしまいます。

 キスの時に相手に不快な思いをさせないためには、まずはストレスや疲れを溜めないこと。ニオイだけではなく、相手に対しておおらかな気持ちになっていつもよりも相手を気遣えるようになります。