業界初のシャープ『電動両開きドア冷蔵庫』

写真拡大

 1988年の発売以来、累計生産数630万台を突破するシャープの人気冷蔵庫「どっちもドア」シリーズに、30年目にしてついに「電動どっちもドア」が登場した。軽く触れるだけで扉が自動で開くだけでなく、機能性が格段とアップした、新世代冷蔵庫のその実力とは?

 冷蔵庫の扉が左右どちらからでも開く「どっちもドア」の生みの親、シャープから業界初となる『電動両開きドア冷蔵庫』が、10月26日に発売された。

 現在、大型冷蔵庫は観音開きのフレンチドアタイプが主流だ。しかし、普段よく開く扉のドアポケットに収納している調味料は頻繁に使うが、たまにしか開かない扉のドアポケットはどうしても見落としがち。気がついたら消費期限が切れていた、という経験がある人も多いと思う。一方、片開きタイプの場合、一目でドアポケット全体を見渡せるが、片手で開けるには扉が重くて力がいる。

 そこでシャープは、「電動どっちもドア」の開発に着手。3年間かけて、収納量が多く重くなりがちな扉に、軽く触れただけで安全に開閉できる電動アシスト機能を搭載。電動音の制御や、安全に開閉するための電動回転機構の開発に苦労したという。

 左右どちらからでも開けるため、キッチンで調理中の人の動線を遮ることがない。引っ越しやリフォームでキッチンレイアウトが変わっても配置に困らない。来客中に庫内を見られないように開閉できるといったメリットがある。また、ドアポケットはレイアウトフリー。斜めに取り付けることで最上段に収納した調味料が奥の方まで見渡せる、「段々スパイスポケット」といったうれしい工夫もある。

 チルド機能も進化した。気密性の高い密閉空間で食材を冷やす“うるおい技術”と、初搭載となるプラズマクラスターによる“除菌技術”を両立させることで、食品の乾燥を防ぎ、付着菌を除去。肉や刺身などの鮮度を、従来より長持ちさせ、味の変化も抑えることができるようになった。無風状態のチルドルーム内に、送風ファンを使わずにプラズマクラスターを充満させる技術と構造の開発に、工夫が凝らされている。

 野菜室は、「5面輻射冷却」と「うるおいガード機能」で、袋から出して保管すれば、葉物野菜はみずみずしさを保ち、根菜類の甘みがアップする。従来品と比べ、約20%も甘み成分が増加するという。

 さらに、まとめ買いや作り置きに役立つのが大容量冷凍室「メガフリーザー」だ。冷凍やけや霜つきを抑える独自機能「新鮮冷凍」で、買った時や作った直後の鮮度をそのままに保存することができる。

 このほか、高機能になった冷蔵庫を使いこなす手助けをしてくれる液晶ディスプレイは、タイマー機能もあるうえ、生活シーンに合った機能提案もする。

※女性セブン2017年12月14日号