「2年で8倍」のインバウンド銘柄も

写真拡大

 儲けているカリスマ投資家さえも、悔やんでも悔やみきれない「つかみ損ねた大爆騰」はある── 彼らの「反省の弁」は今後の投資を成功に導く大きなヒントになるはずだ。

 株式市場ではインバウンド(訪日外国人)銘柄は過去のものと見られていた。その象徴が免税店のラオックス(東2・8202)。2015年に5500円台まで騰がったが、今年8月には460円台にまで下げた。だが、資産3億円の“億り人”である御発注氏はこう語る。

「あらゆるインバウンド銘柄がラオックス同様に旨味がなくなったと見るのは間違いです。かくいう私も見誤った」

 例えば、極薄コンドームが中国人観光客に大ヒットした相模ゴム工業(東2・5194)は、この2年で3倍以上も騰がっている。

「インバウンドによるリピート率の高い銘柄は今も伸びている。ドラッグストアに医薬品などを卸す大木ヘルスケアホールディングス(ジャスダック・3417)もこの2年で3倍以上。中国人観光客がよく買っていた家庭用美容機器と親和性の高い、健康機器メーカーのヤーマン(東1・6630)は、この2年で8倍以上になっている。私はリピート買いが期待されるとして昨年初めごろにウォッチしていましたが、当時は円高基調にあり、爆買いも弱まると判断して手を出さなかった。今でも悔やまれます」

 だが、転んでもタダでは起きない。当時、インバウンドから切り替えた銘柄が大きく育ちつつあるという。

「円高気味だったため、内需関連株が来ると予想して、業務用厨房機器メーカーのマルゼン(東2・5982)に注目しました。厨房機器は導入後もメンテナンスでの安定収入が得られるだけでなく、自動調理に強みがある同社製品は、人手不足に悩む外食産業の『省力化』に貢献できる。実際、人気外食店でも導入され、株価は今年に入って2倍以上になっていますが、まだ上値を追えると見ています」

●ごはっちゅう/高配当な割安株に集中投資するのがスタイル。“誤発注”した経験から「御発注」というハンドルネームにした。ツイッター@erroneousOrder

※週刊ポスト2017年12月8日号