<ゴルフ日本シリーズJTカップ 初日◇30日◇東京よみうりカントリークラブ(7,023ヤード・パー70)>
今季のツアー優勝者や賞金ランキングの上位者など、30人の選ばれし者だけが出場を許される国内男子ツアー最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の第1ラウンド。全選手がこの日の競技を終え、ソン・ヨンハン(韓国)、ブラッド・ケネディ(オーストラリア)、ショーン・ノリス(南アフリカ)ら海外勢3人が4アンダー首位タイ発進を決めている。
【関連】小平と美保夫人の熱い抱擁
1打差4位にキム・キョンテ(韓国)、2打差5位タイに谷原秀人、小田孔明、H・W・リュー(韓国)が続いた。
賞金ランク首位の小平智は1バーディ・2ボギー・1トリプルボギーの“74”と振るわず、4オーバー26位タイでフィニッシュ。首位とは8打差と出遅れた。また、賞金ランク2位の宮里優作が1アンダー8位タイ、同ランク3位のチャン・キム(米国)は12オーバー最下位に沈んだ。
現時点で賞金王の可能性が残されているのは、小平から賞金ランク4位につける池田勇太までの4人。小平は宮里、キム、池田が優勝を逃した場合、自身の順位にかかわらず賞金王戴冠が決まる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

現在の男子賞金ランキング
「ここまで来たら賞金王を獲りたい」ランク1位の小平智が初戴冠を公言
3年前の記憶が蘇る…!小田孔明ら元・賞金王が語る王座へのプレッシャー
ホスト大会で2位、やはり石川遼は「持ってる」【ツアーの深層】
【WITB】10年不変のエースシャフトで“飛んで曲がらん”小平智