魯報道官(資料写真)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の魯圭悳(ノ・ギュドク)報道官は30日の定例会見で、北朝鮮の29日の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射を受けた独自制裁について、「北に対する国際社会の圧力を強められるさまざまな措置を検討できる」と述べた。

 また、国連安全保障理事会の新たな対北朝鮮制裁措置に関しては、「米国など安保理理事国と安保理での対応について緊密に協議している」として、「安保理がどのような措置を取るか注視している」と明らかにした。

 米政府が北朝鮮の今回のICBM発射後、対北石油供給の停止や海上輸送の阻止などに言及したことについては、「米国はこれまで最大限の圧力を通じて北の追加挑発を抑止し、北を非核化に向けた対話の場に引き出すとの立場を堅持してきた」と説明しながら、「米側の具体的な措置が発表されていないため、その部分について言及するよりは関連動向を注視したい」と述べた。

 一方、韓国政府が国際機関を通じた北朝鮮に対する人道支援を推進していることについては、「国際機関と支援の手続きや方法を実務的に議論している」として、「具体的な支援の時期は今後の状況を総合的に見極めながら決める」との方針を示した。