レクサス「RC」「RC F」を一部改良、特別仕様車も発売

写真拡大

レクサスは30日、RC、RC Fを一部改良して発売した。また、RCに特別仕様車「F SPORT Prime Black」を設定し、2018年2月1日に発売する。

今回の一部改良では、予防安全パッケージ「Lexus Safety System +」を標準設定とし、歩行者検知機能付衝突回避支援タイプ「プリクラッシュセーフティ」、車線逸脱による事故の予防に貢献する「レーンディパーチャーアラート(ステアリング制御機能付)」、夜間における歩行者の早期発見に寄与しロー・ハイビームを自動で切り替える「オートマチックハイビーム」、設定車速内で先行車の車速に合わせて速度を調節することで一定の車間距離を保ちながら追従走行できる「レーダークルーズコントロール(ブレーキ制御付)」により安全運転支援を強化した。

このほかに、ナビディスプレイを10.3インチに拡大し、ドライブモードセレクトにCUSTOMモードを新たに設定した。

RCは、RC350に3.5Lエンジン「2GR-FKS」を採用し、従来の力強く爽快な走りはそのままに、燃費を向上させた。また、LEXUSのターボエンジン搭載ラインアップ充実に鑑み、RC200tの名称をRC300に変更した。

RC Fは、ブラインドスポットモニターとリヤクロストラフィックアラートを標準設定した。ボディカラーは、新たに採用したネープルスイエローコントラストレイヤリングを含む全8色をラインアップする。

RCの特別仕様車「F SPORT Prime Black」は、F SPORTをベースに、ボディカラーをグラファイトブラックガラスフレーク、内装色を専用のブラック&オレンジステッチとし、ブラックを基調とした特別装備を採用した。漆黒メッキのスピンドルグリルフレーム、マットクリア塗装の19インチアルミホイール、ブラックステンレスのウインドウモール、職人が一つずつ本杢を墨色に仕上げたステアリングホイールなど、ブラックにトータルコーディネートすることでRCのスポーティさを際立たせた。

価格は、「RC」が530万円〜690万2000円、「RC F」が982万4000円〜1059万4000円、「F SPORT Prime Black」が610万〜708万円。