@AUTOCAR

写真拡大 (全3枚)

GV70、GV80、GV90の3種 

ジェネシスは2021年までに発売が計画されている一連のニューモデルにより、既存のプレミアム・ブランドの秩序を破壊しようと目論んでいる。

セダンタイプのG70、G80、G90に続いて、幅広いレンジのSUVモデルが用意されており、4月のニューヨーク・モーターショーでプレビューされたGV80コンセプトが最初のモデルとなる。

続いて発表されるGV70、GV90と合わせ、強力な3種類のSUVラインアップが完成する予定だ。

既存のG80とG90では従来のヒュンダイの研究開発手法が採用されたが、G70では初めて、デザインとエンジニアリングに精鋭部隊からの成果を取り入れた。

この別働部隊にはベントレーの前のデザイン・ボスであるルック・ドンカーウォルケやBMW Mの前主任エンジニア、アルバート・ビーアマンも含まれている。

ヒュンダイ自動車グループのR&D担当副社長であるウンチュル・ヤンはG70のお披露目に際してこう言っている。

「われわれは今後ともジェネシス・ブランドの発展に努力していく所存です」

2015年12月に導入された最初のモデルであるG90と、2016年7月に発表された2番目のモデルであるG80は、韓国と米国であわせて15万台以上を売り上げた。

なお、AUTOCAR JAPAN上でこの記事をご覧になっている方は、記事下の「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアでこの記事をご覧の方は、記事下に設けられたリンク「『GV80コンセプト』すべての画像を見る」から、ほかの画像をお楽しみいただける。