画像提供:マイナビニュース

写真拡大

日経BPコンサルティングは11月29日、「大学ブランド・イメージ調査 (2017-2018)」の報告書を発売した(調査は2017年8月実施)。同調査は、全国9地域455大学について、各大学の認知やイメージなどを尋ねたもの。

東日本編として、北海道13校、東北38校、北関東19校、甲信越22校を対象に実施。

北海道13校の「大学ブランド力」第1位は、76.6ポイントを獲得した北海道大学となった。これに、小樽商科大学(55.0ポイント)、北海道教育大学(51.0ポイント)が続く。

東北38校の「大学ブランド力」第1位は90.1ポイントを獲得した東北大学となった。第2位は同率で東北福祉大学、山形大学(いずれも58.2ポイント)だった。

北関東19校の「大学ブランド力」第1位は、81.9ポイントを獲得した筑波大学となった。これに、宇都宮大学(56.8ポイント)、群馬大学(54.3ポイント)が続く。

甲信越22校の「大学ブランド力」第1位は、75.3ポイントを獲得した信州大学となった。これに、新潟大学(68.6ポイント)、長岡技術科学大学(60.6ポイント)が続く。

また、「いま注目されている、旬である」というイメージについては、北海道の公立はこだて未来大学、甲信越の諏訪東京理科大学が、大学ブランド力のトップ校を抑え、首位を獲得した。