アイシンが開発中のパーソナルモビリティ「ILY-Ai」の実証実験が行なわれています。期間は2017年11月13日から2018年3月30日まで。場所はラグーナテンボス(愛知県蒲郡市)、試乗体験会やガイドツアーといったイベントで使われる予定で、未来のパーソナルモビリティを使った非日常体験が期待されています。

「ILY-Ai」の特徴は4つのモードを持っていること。座り乗りモードの「ビークル」、立ち乗りスタイルの「スクーター」、便利に荷物を運搬できる「カート」、収納時に使う「キャリー」と4変化するのです。

タイヤは3輪、前2輪が駆動する仕様で、もちろん電動車両。操作方法も簡単ですが、さらに飛び出しや障害物、路面の段差や穴などを検出することができる赤外線センサーを車両前方に搭載した先進安全性も特徴となっています。

なお、実証実験は以下の三期に分けて実施される予定となっています。

第1期:2017年11月13日〜12月22日 開発者による園内の移動・巡回。車両走行性能や信頼性評価
第2期:2018年 1月29日〜 2月23日 指定エリア内で一般来場者向けに試乗会やアンケート調査を実施
第3期:2018年 3月 5日〜 3月30日 園内ガイドツアーを実施。あらゆるユーザーに使用してもらう

※画像は2017 人とくるまのテクノロジー展にて撮ったもの。

(山本晋也)

アイシンの作った4変化モビリティを試乗体験するチャンス!(http://clicccar.com/2017/11/30/536045/)