@AUTOCAR

写真拡大 (全5枚)

北米向け レクサスRX350L

レクサスRXの7人乗り仕様「レクサスRX350L(写真)」が、LAモーターショーで発表された。

RX Lは、その名の通り6人/7人乗りのモデルで、ブートスペースにリクライニング可能な3列目のシートを搭載した。


乗車定員を増やすべく、北米向けのRX Lでは全長を110mm延長。テールゲートのプロフィールラインをきつい角度にすることで、ルーフと調和するスタイリングに仕立てている。

全長:5000mm
全幅:1895mm
ホイールベース:2790mm
 

日本向けモデルは、RX450hLに


3列目の乗員のために、3ゾーン・エアコン/カップホルダーを新たに装備。シートを使わないときには、折り畳んでラゲッジスペースのフロアに収納することができる。


北米向けRX350Lのパワートレインは、下記の2種類を用意する。
・3.5ℓV6エンジン(290ps/36.4kg-m)
・3.5ℓV6エンジン+モーター2基(システム統合:312ps)

なお日本市場では、7人乗り仕様のRX450hL(AWD)を2017年12月に発売するとアナウンスされた。

AUTOCAR JAPANでこの記事をご覧になっている方は、「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアでご覧の方は、記事下に設けられたリンク「『レクサスRX350L』すべての画像を見る」から、ほかの画像をお楽しみいただける。