2017年8月に公開された韓国・ヒュンダイモーターのFCEV(フューエルセル・エレクトリック・ヴィークル)市販型プロトタイプが、ドイツ市街地で公道テストを開始しました。

ヒュンダイでは第2世代のFCEVとなり、第1世代のヒュンダイ『ix35フューエルセル』からシステム効率を60%向上させているほか、航続距離は410kmから600kmへの進化が予想されています。また最高出力は、前世代比で20%向上し163psに達しています。

電気自動車がフル充電に数時間かかるのに対し、こちらは2〜3分でフル充電が完了するというのも大きなメリットでしょう。最新プロトタイプは、凝固点下での始動という課題を克服し、コールドスタート能力を向上。マイナス30度の状況で安定した始動を可能にしています。

現在車名は公表されていませんが、2018年1月のCES(コンシューマー・テクノロジー・アソシエーション)にて車名が明らかにされるとレポートされています。

(APOLLO)

車名は1月発表!ヒュンダイの次世代燃料電池車、航続600km目指し公道テストを開始(http://clicccar.com/2017/11/30/534771/)