<ゴルフ日本シリーズJTカップ 初日◇30日◇東京よみうりカントリークラブ(7,023ヤード・パー70)>
今季のツアー優勝者や賞金ランキングの上位者など、30人の選ばれし者だけが出場を許される国内男子ツアー最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の第1ラウンド。前半の競技が終了し、自身初の賞金王を狙う小平智が前半上がりの9番でトリプルボギーを叩き、2オーバー21位タイと下位に沈んでいる。
【関連】小平と美保夫人の熱い抱擁
1バーディ・ノーボギーで迎えた9番パー4。ティショットをバンカーに入れた小平は、2打目を木に当てるなどして、グリーンオンに4打を費やす。そこから3パットを喫してこのホールをトリプルボギーとし、2オーバー21位タイに急落している。
賞金ランク2位につける宮里優作は、2アンダー5位タイ。同ランク3位のチャン・キム(米国)は3オーバー27位タイと出遅れている。
現在、3アンダー首位タイにキム・キョンテ、ソン・ヨンハン(ともに韓国)、ブラッド・ケネディ(オーストラリア)、ショーン・ノリス(南アフリカ)が並んでいる。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

現在の男子賞金ランキング
「ここまで来たら賞金王を獲りたい」ランク1位の小平智が初戴冠を公言
3年前の記憶が蘇る…!小田孔明ら元・賞金王が語る王座へのプレッシャー
ホスト大会で2位、やはり石川遼は「持ってる」【ツアーの深層】
【WITB】10年不変のエースシャフトで“飛んで曲がらん”小平智