@AUTOCAR

写真拡大 (全4枚)

新型メルセデス・ベンツCLSが、LAモーターショーで発表された。


4ドア・クーペ仕様のみの登場となったほか、CLS53というAMGモデルの追加がトピックだ。


CLS53は、来年のデトロイト・モーターショーで登場予定のE53(クーペ/カブリオレ)とメカニカル面で共通項が多い。いずれも新開発の直6エンジンとマイルド・ハイブリッド機能を搭載する。

新型ガソリンユニットは、スターターモーターを活用しエレクトリック・ブーストを行う。これが競合するアウディS7およびBMW M550iへのメルセデスの回答となるのだ。


これにより新型は、
・CLS350
・CLS450
・CLS300d
・CLS350d
・CLS400d
・CLS53
という6車種構成となる。

2018年3月のデリバリー開始に向け、北米では来月からオーダーの受付けをはじめる。

なお、AUTOCAR JAPANでこの記事をご覧になっている方は、「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアでご覧の方は、記事下に設けられたリンク「『メルセデス・ベンツCLS新型』すべての画像を見る」から、ほかの画像をお楽しみいただける。