「BOX/RING」/画像は公式サイトより

写真拡大 (全4枚)

グラフィックデザイナー・金田遼平さんとイラストレーター・たかくらかずきさんによる展示会「BOX/RING」が、12月6日(水)まで新宿眼科画廊で開催されている。

【金田遼平、たかくらかずきの展覧会 時間制限ありの即興創作とは?の画像・動画をすべて見る】

2人は制限時間を設けた即興制作にチャレンジ。ウィキペディアから選出した12のテーマをもとに、48パターンの作品を生み出すという。

気鋭のクリエイター・金田遼平とたかくらかずきとは?

金田さんイメージプロフィール/画像は公式サイトより
金田遼平さんは1986年生まれのグラフィックデザイナー/アートディレクター。

法政大学在学時に独学でグラフィックデザインをはじめ、卒業後に渡英。帰国後は、都内デザイン会社に所属しつつ、個人名義でも活動中で、広告・音楽・書籍・雑誌・ファッション・映像など幅広い分野でグラフィックデザインの制作を行っている。

たかくらさんイメージプロフィール/画像は公式サイトより
一方、たかくらかずきさんは1987年生まれのイラストレーター/アーティスト/ゲームクリエイター。ドット絵やデジタル表現をベースとしたイラストで、音楽・CM・書籍・Webなどのイラストや動画を制作している。

劇団・範宙遊泳ではアートディレクターを担当。さらにpixiv zingaroにてグループ展「ピクセルアウト」を主催。2016年からはスタジオ常世の名でゲーム開発をスタートしている。

現代のデジタルグラフィックを表現

そんな2人による展示会は、現代のデジタルグラフィックを大きく分けた「Vector」と「Raster」を表現するもの。

「Vector」は、Adobeが提供するIllustratorに代表される線と面による座標表現、「Raster」は、主にAdobeのPhotoshopのなどで描かれるドット集合描写のことだ。

金田さんは「Vector」、たかくらさんは「Raster」を用いた作品を得意としている。

デジタルツールは一様な印象を持たれがちだが、できあがる作品は、操作する人間の身体性が色濃く反映されるという。

今回はテーマごとに異なる制限時間を設定。3分からスタートして、テーマを追うごとに時間が増えていく。

時間を制限することで、身体性やアイデアなどの要素が、作品にどのような影響を与えるのだろうか。