『ARMS』更新データ「Ver.4.1.0」配信開始─謎めく新ファイター「スプリングトロン」登場! バランス調整も実施

写真拡大

新・格闘スポーツ『ARMS』、Ver.4.1 配信開始!・謎の新ファイター「スプリングトロン」が使用可能に!・バッジ追加!・その他バランス調整ぜひアップデートして遊んでみてください!https://t.co/tqV3sQqbUh pic.twitter.com/31kUQeCrdm— ARMS(アームズ) (@ARMS_Cobutter) 2017年11月30日
任天堂は、ニンテンドースイッチソフト『ARMS』の更新データ「Ver.4.1.0」を、本日11月30日に配信開始しました。

伸びるウデ「アーム」を駆使して戦う『ARMS』は、直感的にパンチや投げ技などを繰り出し、緊張感溢れる駆け引きを楽しむことができる新感覚の格闘スポーツです。全世界累計でミリオンヒットを記録しており、国内外で高い人気を集めている一作を今も多くの方が楽しんでいます。

そしてこのたび、新たな刺激をもたらす更新データ「Ver.4.1.0」が配信されました。謎の新ファイター「スプリングトロン」が参戦したほか、「ファイターとアームが特定の組み合わせのときにもらえるバッジ」などが追加され、一部のファイターおよびアームの性能も調整。バトルの立ち回りも新たな局面を迎えることでしょう。

◆Ver.4.1.0 [2017.11.30配信]
・謎の新ファイター「スプリングトロン」が選べるようになりました。
初期アームはスプリングマンと共通です。スプリングマンが新たなアームを手に入れると、スプリングトロンも同じアームを入手できます。

・バッジを追加しました。
ファイターとアームが特定の組み合わせのときにもらえるバッジを追加しました。
ギミックのあるステージで特定の条件を満たしたときにもらえるバッジを追加しました。
その他にも多数追加されています。

・繁体字中国語、簡体字中国語に対応しました。
本体の「設定」から、言語を切り替えることができます。

・通信対戦時に、タイムアップ直後にガードが強制的に解除され、攻撃を防げないことがある問題を修正しました。

・ランクマッチにおいて、特定のファイターのボイスが試合前に再生されることがある問題を修正しました。

■一部のファイター、アームの性能を調整
・ミサンゴ
憑依状態になるときの硬直時間が短くなりました。

・スコルピオ
曲がる性能をアップしました。
チャージ攻撃の膨張率をアップしました。
飛びかかる直前の待機時間を短くしました。
伸びる速度をダウンしました。
ジャンプ攻撃時の浮力をダウンしました。
チャージ攻撃の速度をダウンしました。
ジャンプ攻撃時のターゲットを追尾する性能をダウンしました

・スカリー
曲がる性能をアップしました。
ターゲットを追尾する性能をアップしました。
ジャンプ攻撃時の浮力をダウンしました。

・イルイル
伸びてから縮むまでの速度をアップしました。
縮むまでの時間が大幅に遅くなることがある問題を修正しました。

・ロックオン
必殺ラッシュで与えられるダメージをアップしました

・ビッグパンチ
伸びてから縮むまでの速度をアップしました。

・ヘビィハンマー
伸びてから縮むまでの速度をアップしました。
ターゲットを追尾する性能をアップしました。

・バーチカル
伸びてから縮むまでの速度をダウンしました。
※チャージ攻撃の速度は変わりません。

・キックバック
ラッシュ攻撃時の方向転換する速度をダウンしました。

・リボルバー
・オートカノン
特定条件にて、弾丸が空中で停滞する問題を修正しました。
『ARMS』は好評発売中。価格は、5,980円(税抜)です。

(C)2017 Nintendo