柄本佑と前田敦子の内職シーンや尾野真千子の妖艶な姿も 『素敵なダイナマイトスキャンダル』場面写真

写真拡大

 2018年3月17日公開の『素敵なダイナマイトスキャンダル』より、場面写真が公開された。

参考:写真はこちらから

 本作は、『写真時代』や『ニューセルフ』など伝説的なカルチャー・エロ雑誌を世に送り出した編集長・末井昭の自伝的エッセイを、柄本佑を主演に迎え、『南瓜とマヨネーズ』の冨永昌敬監督が映画化した作品。7歳の時に母親が隣家の若い息子とダイナマイト心中するという壮絶な体験をした末井青年が、工員やキャバレーの看板描きと職を転々としながら、70〜80年代のサブカルチャーを牽引する雑誌編集長となっていく様子を描く。

 今回公開された場面写真では、警視庁保安課風紀係で、その場しのぎで猛反省する末井(柄本佑)と、エロ雑誌を丹念にめくりながらダメ出しをする諸橋係長(松重豊)の攻防戦が映し出されている。雑誌の存続がかかる大事な場面にも関わらず、どこか緊張感のない2人の“発禁(が、かかった)ギリギリ”の一枚だ。

 また、妻・牧子(前田敦子)と仲睦まじくイラストを描く内職シーン、気まぐれで魅惑的な愛人・笛子(三浦透子)とのデートシーン、隣家の息子との心中を決意した母・富子(尾野真千子)がダイナマイトを帯にさした妖艶な姿などが捉えられている。(リアルサウンド編集部)