『ウラ生☆衆議院予算委員会@カフェスタ』28日放送分より

写真拡大

 なんなんだこの"ネトウヨ番組"は......。自民党のネット番組「カフェスタ」が、27・28日の衆院予算委員会をライブ配信した『ウラ生☆衆議院予算委員会@カフェスタ』を見ていて、言葉を失った。

 本サイトでもお伝えした通り、衆院予算員会では与党議員が徹底して安倍首相を擁護するヨイショ質問や、朝日新聞を「フェイクニュース」と罵るバッシングを展開する一方、野党の質問時間減少によって政権に対する疑惑追及の機会が削られてしまった。まさに"国会の安倍独裁化"の進行が露わになったかたちだ。

 その裏で、自民党は、所属議員たちが予算委を見ながら「政策を解説する」との名目で、独自に国会をネット中継したのだが、そこで"解説者"たちから飛び出たのは聞くに耐えないヤジや野党議員個人への悪罵。しかもそれによって政権を追及する質問はほとんどまともに聞くことができないという、まさにネトウヨ番組と見紛うような番組をぶったのである。

 そもそも、番組のノリからしてネトウヨ的な腐臭が半端なかった。J-NSC(通称ネトサポ)を率いる自民党ネットメディア局長・平将明衆院議員が司会で、ゲストとして出演した生田よしかつ氏(築地魚河岸仲卸3代目)が中心となり、解説者の名目で、大西宏幸議員や木原誠二議員など入れ替わりで自民議員が出演。なかでも、日々ネット上でメディアバッシングやネトウヨ言説を振りまいている自民党広報副本部長・和田政宗参院議員は2日連続で長時間出演し、野党バッシングをこれでもかと展開した。

 生田氏と和田議員のふたりは、ネトウヨから絶大な支持を受けるネット番組『報道特注』のレギュラー。それだけでどんなことになるか想像がつくが、実際、27日の「カフェスタ」生放送でも、旧名の『報道特注(仮)』をもじって「報道特注(平)」などと言ってはしゃぐ始末。この『報道特注』に安倍首相が出演を熱望していることは本サイトで既報のとおりだが、平局長によれば、この「カフェスタ」中継の直前にも首相から「平さん、こんど報道特注ふたりで出ようよ」と熱心に誘われたのだという。ようするに、自民党はネトウヨ番組とほとんど一体化しているらしい。

 まったくクラクラしてくるが、実際、「カフェスタ」予算委中継はネトウヨ番組そのものだった。

 27日には、自民党の菅原一秀議員の森友問題についての質疑に合わせ、「森友問題は問題ですらない」(平)、「もういいよ!」(生田)などと合唱。和田議員にいたっては、会計検査院が「国有地値引きの十分な根拠が確認できない」と報告したことについて「会計検査院の根拠自体がいわゆる根拠不十分じゃねえかって感じで」などとのたまっていた。

 また、加計問題についても、菅原議員は「(文科省文書の)『総理からの指示に見えるのではないか』は総理の指示がないってことじゃないですか」などと、恥知らずにもネトウヨ界隈でおなじみの曲解をぶったしたのだが、和田議員が並行して「公文書じゃなくてメモですから。バイアスかかっているかもしれませんからね」「結局、加計問題は前川問題ですから」「すべて前川さんの怨恨なんですよ」などと連呼。平局長も"朝日新聞は文書の一部をわざと暗くして隠していた"として「(朝日の)印象操作ですね」などと、いまネトウヨや安倍応援団界隈で言われている陰謀論をまくしたてていた。

 しかも野党議員の質問時間では輪をかけてヤジばかり。立憲民主党の長妻昭議員が加計問題の報道について確認をしているだけなのに、「だって言いがかりだもんこんなもん!くっだらねえな!」(生田)、「また予測で物事語る!」(小野田紀美議員)などと罵り、逆に総理が答弁すると「そのとおり!」と絶賛するなど、はっきり言って、安倍自民シンパ以外が見てもなんの価値もない内容だ。

 ようするに彼らの国会解説なるものは、"森友・加計問題は終わったこと"と印象付けるために、決めつけやヤジを何度も繰り返すだけのものなのだ。これなら国会で誰が居眠りしているかをチェックしていたほうが何倍も意味があるだろう。

 こんな感じで27日の中継だけでもお腹いっぱい、はっきり言って本当に見ているだけで苦痛だったのだが、そんな思いを読者にさせないために、本サイトは28日もチェックした。だが、この日はすべて野党質問だったこともあり、「報道特注(平)」ならぬ「カフェスタ」の解説は、前日にもまして想像以上に下劣な内容だったのである。

 だいたい出だしから、平局長が「政策の話じゃなくて(野党が)政権を罵倒する話になると思います」として、「今日は和田さんが政権を罵倒する野党を罵倒してもらう」などと宣言。実際にそのとおりで、国会解説なんてとてもじゃないが言えない、以下のような野党へのヤジや誹謗中傷をこれでもかと繰り返したのだった。

「毎回これの繰り返しですよ。印象操作って言われますよ」(平局)
「印象操作だよ。最初から聞く必要ないじゃない」(木原)
「会計検査院引っ張ってきても禅問答」(和田)
「完全に禅問答だよ。適切じゃないって言わせたいんだよ」(木原)
「最後はキレて見せるってことで(野党は)いいんですよ」(平)
「(野党は)『お〜』じゃねえよ(笑)」(和田)
「なーにこれ、この質疑。茶番じゃねえか」(生田)
「ボタンで(使ったら)いいんじゃない?『えーっ』『お〜』(と鳴る装置の)」(平)
「さあ!『えーっ』が出ますよ!」(生田)
「この答弁何度もやってきたじゃないか! 東京新聞の某記者の官房長官への質問と同じですね」(和田)
「長妻さんのときさ、俺総理が答えてて偉いと思ったもん。あんな質問にさあ」(生田)
「無駄な45分だったねえ」(平)
「俺でも議員になれるよ」(生田)

 もうやめよう。なにが悲しくてこんなネトウヨ番組を見ているのだろう。頭がどうかなりそうだ。

 言っておくが、平局長や和田議員ら自民党が、こんな汚いヤジばかり飛ばしていたのは森友・加計問題の質疑だけじゃない。

 たとえば、希望の党の井出庸生議員は、性的マイノリティが置かれた社会状況を取り上げ、竹下亘・自民党総務会長の「(国賓の)パートナーが同性だった場合、私は(出席に)反対だ。日本国の伝統には合わないと思う」などのLGBTへの差別発言を問題視。河野太郎外務相の「法律婚・事実婚あるいは同性、異性にかかわらず、配偶者またはパートナーとして接遇するよう指示した」と言う答弁を引き出した。

 ところが「カフェスタ」では、まっとうな性的マイノリティの議論など全然聞かずに、解説を放棄して、ただただ井出議員の質問の仕方が拙いさまをあげつらい、「どうしたどうした?質問どうした?グフフ(笑)」(和田)、「こんなのしかいないのか希望の党って」(平)などと延々と揶揄し続けたのだ。まったくヘドが出るが、逆に言えばこの不誠実な態度を見るにつけ、安倍自民党がどれだけ表向きLGBTフレンドリーをアピールしようが、実際には性的マイノリティの差別問題や社会状況の改善など眼中にないということの証左だろう。

 いずれにせよ、自民党の「カフェスタ」中継がやったことというのは、"野党はバカで疑惑追及は無駄"という印象付けと、"だからもっと野党の質問時間を削るべき"という操作だ。事実、番組内では「これは想像以上に不毛だね。これは与党だけでいいって」(生田)、「雪だるま式に問題だ問題だと叫んで時間を浪費した」(和田)、「やっぱこの時間与党にほしいよねえ」(平)などという発言が繰り返された。

 さらに平局長は、こんなトンデモ主張までし始めた。

「そもそも国のトップが、こんなに議会拘束されるなんていうのは(他の国では)ないですよ」
「これはだから、与党の野党に対するおもてなしなんですよ。オ・モ・テ・ナ・シ! おもてなしも、日本人の悪いところで、これが当たり前になって、料金タダ!スマイル0円!なんてやってると、受け取るほうは当たり前で権利だと思い始める。権利じゃないんです。配慮なんです」

"トップがこんなに議会拘束されるなんて"って、安倍首相は独裁国家の王様か何かなのだろうか。平局長がどこの独裁国家と比べているのか知らないが、こんなに議会を軽視しているトップこそ、少なくとも民主主義先進国では考えられないだろう。

 しかも、平局長はようするに"安倍総理はサービスで国会に出てやっている""安倍総理の温かいご配慮で野党の質問に答えてやっているんだ、当たり前だと思うな"というのである。

 この政治家はいったい、何をほざいているのだろう。

 だいたい、国会で野党に多くの質問時間を割くことは、議院内閣制の欠陥をカバーし、民主主義の根幹である権力分立を保障するために必要な措置だ。議院内閣制では、多数派が内閣を形成するため、与党と内閣が一体化する。そのため、イギリスなどでは、議会の運営や政党助成金など制度上さまざまな面において、野党に与党より大きな機能や権限を与えられてきた。それは何も野党へのサービスでもおもてなしでもなく、国民の利益のためだ。国会がきちんと行政をチェックし批判することこそ、権力分立の最低条件であり、健全な民主主義のあり方だからだ。もちろん、日本の国会での野党への質問時間優遇配分も、そうした考えから慣例化したものである。

 ところが、自民党は、国会で野党の質問時間を強引に減らしただけではあきたらず、"総理は答弁しなくてもいいのにわざわざ国会に出てやってんだ。感謝しろ"ときた。これほど有権者と民主主義をバカにした放言はないだろう。

 思想家の内田樹は、独裁化を進める構造のなかに「国会の議論など無駄だ」と国民に思い込ませる手法を認め、「『立法府は機能していない』という印象操作に安倍内閣ほど熱心に取り組み、かつ成功した政権は過去にない」と喝破した。

 そう考えても、今回の自民党の「カフェスタ」の問題は、たんに『報道特注』のようなグロテスクなネトウヨ番組と瓜二つだったことのみではない。ネトウヨ的言論空間をこの国の政権与党が是として、有権者に国会を失望させる。同時に、野党の質問時間を削り、「首相に答える義務はない」などと言い張って批判を封殺、国会を"政権礼賛"一色に染め上げる。そうして安倍独裁は進んでいくのだ。

「ネトウヨ思想の権化である安倍首相には『報道特注』お似合いだ」などとは、もはや笑って言っていられないのである。
(編集部)