@AUTOCAR

写真拡大 (全5枚)

ホイールベース2922→3120mm 豪華装備も

11月29日から予約受付が始まった新型レンジローバーSVオートバイオグラフィーのロング・ホイールベース・バージョン(LWB)がLAモーターショーで発表された。

SVオートバイオグラフィーLWBは標準モデルの2922mmに対して3120mmへとホイールベースを延長することで、後席足元のスペースを1.2m確保するとともに、後席シートバックは40度のリクライニングが可能となっている。

この深々としたシートには温熱マッサージ機能とヒーター付きフットレストが備わる。ドアの開閉はボタンで行われ、10インチのタッチスクリーンを持つ収納可能なテーブルが装備されるとともに、4Gのwifi接続も可能だ。

後席の間にはワインが2本、または600mlのボトルであれば4本が余裕を持って収納可能な冷蔵庫が設置されている。

リアシートをたためばトランク容量を拡大することができ、荷物の積み下ろしを容易にするため、レンジローバーとしては初となる電動式昇降パネルが採用されている。

前席にはふたつのタッチスクリーンを持つランドローバー製「Touch Pro Duo」インフォテインメント・システムが備わっており、情報をひとつのスクリーンから別のスクリーンへとスワイプすることも可能だ。

エンジン展開 それぞれの価格

エンジンは3種類から選択できる。

最上級モデルにはSVR及びSVオートバイオグラフィー・ダイナミックと共通のランドローバー製565psスーパーチャージャー付5.0ℓV8エンジンが搭載される。このエンジンを選んだ場合の価格は177030ポンド(2668万円)となる。

その下にはプラグイン・ハイブリッド・モデルのP400eと共通の404psを発揮する電気モーター付き2.0ℓ4気筒ターボエンジンが設定されており、価格は168015ポンド(2532万円)である。

エントリーレベルには339psを発生させる4.4ℓSDV8ディーゼル・エンジンが用意される。

ランドローバーのデザイン責任者であるジェリー・マクガバンは「レンジローバーSVオートバイオグラフィーは高級さと、快適さ、そして洗練の典型であり、50年もの歴史を紡いできた最も高級なSUVの象徴であるこのクルマに対する、われわれのこだわりを体現する存在なのです」と語る。

ウォリックシャーにあるランドローバーのSVRテクニカル・センターではこのクルマをハンドメイドで生産するとともに、様々なオーダーメードにも対応してくれる。

LAモーターショーでディスカバリーSVXとレンジローバーSVR、それに標準ホイールベースのSVオートバイオグラフィー・ダイナミックとともに展示されるこのSVオートバイオグラフィーは、そのショーケースでもある。

なお、AUTOCAR JAPAN上でこの記事をご覧になっている方は、記事下の「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアでこの記事をご覧の方は、記事下に設けられたリンク「『レンジローバーSVオートバイオグラフィーLWB』すべての画像を見る」から、ほかの画像をお楽しみいただける。