香取慎吾、加藤浩次との因縁の対決に終止符? 「僕は別に納得いってなくない」

写真拡大

 『おじゃMAP!!』の11月29日放送回では、香取慎吾とドラマ『人にやさしく』で共演した、加藤浩次、松岡充、須賀健太がゲスト出演した。

参考:香取慎吾、SNSで伝える周囲への感謝と愛 失敗を恐れずに表現を楽しむ姿勢を追う

 同放送では、「加藤浩次が香取慎吾とやりたいこと」という企画が行われ、加藤と香取による相撲対決や加藤の行きつけのスナックでの本音トークがオンエアされた。2014年の『27時間テレビ』(以上、フジテレビ系)で行われた香取との相撲対決に納得がいっていないという加藤は、改めて相撲対決を再現したいと要望。一方の香取が「僕は別に納得いってなくない」とコメントするも、加藤は「そんな強がんなって、あれは納得いってない」と指摘した。相撲勝負は2回行われ、結果は僅差で加藤が勝利を収めた。

 番組の中盤、香取慎吾と飲みながら話をしたいという加藤の要望で、香取は加藤の行きつけのスナックへ。「(香取に)借りがあるじゃないけど……」と、相方の山本圭壱(極楽とんぼ)が不祥事を起こした時のことを切り出した加藤は、「どこから聞いたかはわからないけど、俺の携帯に電話してきてくれたじゃん、覚えてる?」「あれね、俺はすごい嬉しかったの」と、辛い時に励まされたことを告白。続けて「あの時、俺は気持ちがちょっと折れかけてたの。でも、慎吾ちゃんの電話で『やんなきゃダメだ』って思ったとこはある」と明かすと、香取は「あの時は心配だったんですよね」と当時を振り返った。

 その後、松岡充と須賀健太が登場し、『人にやさしく』のメンバーが集結。飲み物を頼む場面で、ドラマ撮影当時は7歳だった須賀が「生(ビール)ください」と注文すると、加藤が「生とか言うんじゃねーよ」とツッコミを入れた。ドラマ放送終了後、一番連絡を取っているのは須賀だという香取は、「会ってはないけど、お手紙を書いたりとか」とやりとりを明かした。毎年誕生日に香取から手紙をもらっている須賀が「今年は暖簾をいただいて」と語ると、香取は「結構いろんなことがある時期に須賀健太から……」と冗談交じりに当時を振り返った。(向原康太)