ボス・ベイビーの陰謀が明らかに ムロツヨシや芳根京子が吹替担当『ボス・ベイビー』日本語版予告

写真拡大

 2018年3月21日に公開される『ボス・ベイビー』の日本語版予告編が公開された。

参考:動画はこちらから

 本作は、『怪盗グルー』シリーズ、『ペット』『SING/シング』のユニバーサル・スタジオと、『シュレック』を手がけたドリームワークス・アニメーションが、初タッグを組んだアニメーション作品。黒いスーツに白いシャツ、ネクタイをビシッと締め、チャキチャキと歩く赤ちゃん、“ボス・ベイビー”。両親と三人で幸せに暮らす7歳のティムの元に弟としてやってきた、見た目は頬ずりしたくなるキュートな赤ちゃん、中身は人使いが荒く口の悪いおっさんの彼が巻き起こす大騒動を描く。本国アメリカでは既にパート2の制作が決定している。

 日本語吹替版では、ボス・ベイビー役にムロツヨシ、ボス・ベイビーに振り回される兄のティム役に芳根京子、大人になったティム役に宮野真守、兄弟の両親が務める会社のCEOフランシス・フランシス役に山寺宏一が顔を並べる。

 公開された日本語版予告編では、純粋で可愛らしい赤ちゃんの姿から一転、7歳のティムの元に、黒いスーツにネクタイをビシっと締め、ブリーフケースを持ち歩く怪しげな赤ちゃんが、弟として現れる様子が映し出される。ある夜ティムは、ボス・ベイビーがはっきり“話して”どこかに電話しているところを目撃。ボス・ベイビーは、世の中の大人の愛情が可愛い子犬に取られ、赤ちゃんの人気が減っていることを阻止することが任務だった。ティムとの激しい兄弟喧嘩やワンワン株式会社CEOフランシス・フランシスとの対決など、ボス・ベイビーの様々な表情が切り取られている。

 あわせて、ムビチケカードの発売も決定。特典として、“ボス・ベイビー ぷにぷにストラップ”が付属する。(リアルサウンド編集部)