ロバート・秋山竜次主演で『やれたかも委員会』実写ドラマ化 AbemaTVで来年1月クールに放送

写真拡大

 漫画『やれたかも委員会』が、AbemaTVのオリジナル連続ドラマ第2弾として実写化されることが決定。初の連続ドラマ単独主演となるロバート・秋山竜次主演で、2018年1月クールに放送される。

(参考:ロバート秋山竜次「油断するとすぐ金八先生になっちゃう」

 本作は、漫画家・吉田貴司が、デジタルコンテンツ向けの配信プラットフォームcakesやnoteに作品をアップしたことから、SNSを中心に話題となり、今年7月には書籍化された連載漫画が原作。 「あのとき、もしかしたら、あの子とやれていたかもしれない」という、男性の“やれたかも”というエピソードを、“やれた”のかどうか判定する組織“やれたかも委員会”の犠星塾塾長・能島明、ミュージシャン・パラディソ、財団法人ミックステープ・月満子という3人の登場キャラクターが判定する。秋山は主人公の犠星塾塾長・能島明を演じる。

 パラディソや月満子のほか、“やれたかも委員会”に判定してもらう依頼者や依頼者の回想シーンに登場するキャラクターを演じるキャストも順次発表される予定だ。

■原作者・吉田貴司 コメント

祝ドラマ化と言いますが、本当にめでたいのかな、とふと思います。ネットにゲームにYouTubeとエンタメ過多時代の中で、漫画最強説を信じている私としましては、ドラマ版『やれたかも委員会』もライバルの一つだと思っています。ドラマも漫画も楽しんでいただけるとうれしいです。主演の秋山さん、ならびにこのドラマに関わる全ての方々に感謝します。

■主演・ロバート・秋山竜次(能島明役)コメント

【能島明役を演じることについて】変なキャラクターは色々演じてきたけど、あんまり喋らない役をやってこなかったので、大丈夫かな。色々イメージはしていますが、顔の部分も絵でしか見たことないので、どうしようかなと思っていますね。口をどう動かすんだとか。そのあたりを監督に指示してもらおうかなって思っています。

【作品について】必ず誰もがあると思うんですよ「やれたんじゃないかな、あいつ」みたいな。それが直球に響く原作なので、漫画を見たことがない方もすっと入ってくるじゃないかなと思います。あと、自信がつきましたね、僕も。やれたんじゃないかなという微かな望みというか。学生時代、一度も女性と付き合ったことがなかったんですけど、実はあの時いけたんじゃないかな、と思う箇所がいくつか思い浮かんできました。

■プロデューサー・宮本博行 コメント

人気の漫画『やれたかも委員会』を「AbemaTV」オリジナルとして実写ドラマ化できるということで、非常に嬉しいです。テーマを下世話な内容にとらえる人もいるかもしれませんが、実は「やれた・やれたとは言えない」という視点から描いた、男は”ムラっ”とする、女性は”キュンっ”とするピュアなラブストーリーだと思っています。男性になら誰にでもある「あの夜、やれたかも…」ということと、女性から見たら「男ってこんな恋愛観なんだ…」という、男性と女性の恋愛観の違いとも言えるこのストーリーは男女ともに楽しめる「AbemaTV」オリジナルドラマです。塾長役であるロバート・秋山さんをはじめ、個性的な出演者の方々に出ていただけるので、極上の”ムラキュン”ドラマになると思います。「AbemaTV」にしかできない表現方法でお届けしますので、皆さんお楽しみに!!

(リアルサウンド編集部)