ソランジュ、【ビルボード・ウィメン・イン・ミュージック・アワード】で<インパクト賞>を受賞へ

写真拡大

 米音楽業界で活躍する女性アーティストや重役の功績を称える【ビルボード・ウィメン・イン・ミュージック・アワード 2017】にて、ソランジュが<インパクト賞>を受賞することが明らかになった。

 <インパクト賞>は、公的人格、自身のプラットフォームや社会貢献活動を通じ社会変革を促し、未来のリーダーのエンパワーメントと育成に役立てた人物に送られる。女性の社会的地位の向上や自立をテーマにし、高い評価を得た『ア・シート・アット・ザ・テーブル』をオバマ大統領の退任パーティや米NYのラジオシティ・ミュージックホールでのソールドアウト公演で披露したソランジュは、まさにそれにふさわしい人物だ。

 女優のタラジ・P・ヘンソンやディプロなどもプレゼンターとして出演すること今年の授賞式では、セレーナ・ゴメスが<ウーマン・オブ・ザ・イヤー>が受賞する他、ケリー・クラークソンが<パワーハウス賞>、メアリー・J.ブライジが<アイコン賞>、カミラ・カベロが<ブレイクスルー賞>、ケラーニが<ルールブレイカー賞>、そしてグレース・ヴァンダーウォールが<ライジング・スター賞>を受賞することになっている。司会は、2008年に<ウーマン・オブ・ザ・イヤー>を受賞したシアラが務める。

 また、今年は初の試みとして、授賞式とレッドカーペット・プレイベントが、現地時間11月30日午後6時〜9時(太平洋標準時間)にTwitterで生中継される。