サイトイメージ。(画像:日本トイザらス発表資料より)

写真拡大

 玩具・ベビー用品の国内大手日本トイザらスは、自社で運営する独自のオンラインストアに、複数の新機能を追加した、と発表した。

【こちらも】日本トイザらス、小型店舗を出店 新たな成長戦略

 まずは、玩具業界においては非常に重要であるクリスマス商戦に関するものだ。11月10日に日本トイザらスはクリスマスカタログを発行しているのだが、その、アーリーウィナーランキングが掲載される。店内在庫検索のランキングから始まり、次にサイト内閲覧のランキング、続いて、オンライン売上ランキング。これらの、上位5アイテムが、週替わりで掲載される形となる。

 さらに、好評を博しているセレクトガイドが、新たに「抱っこ紐」で展開される。もともとセレクトガイドは、7月から、ベビーギアで展開されていた。商品の特徴、使用上の注意などの質問をベースに、ユーザーのニーズにあった商品を提案していくというものである。オンラインストアでありながら、実店舗と変わらない、きめ細かなアドバイスに基づく商品探しが可能である。

 ページ表示速度は、平均で41.6%という大幅な改善を得、可読性は高められた。クリスマスのピークを前に、アクセスの殺到が予想されるが、買いやすさは改善されているという形だ。

 また、「トイザらス・ベビーザらス オンラインストア」に対する質問に関し、LINE上でAIが回答するサービス「LINEカスタマーコネクト」も開始された。

 さらに、これらに先立って、領収書印字機能も付加されている。これは、利用者自身が、オンラインストア会員注文のマイアカウントの注文履歴から、必要なオーダー分の領収書を、ワンクリックで発行することができるというものである。ゲストユーザー、楽天からのアクセス、Yahoo!ショッピングからのアクセスの場合も、「ゲスト注文確認URL」からログインして、領収書を発行することができる。