@AUTOCAR

写真拡大

モデル3 まずは50kWhと75kWhの2種

テスラのCEO、イーロン・マスクは、モデル3に50kWhと75kWhの2種のバッテリーが用意されることを明言している。標準モデルと「ロングレンジ」モデルといった構成になるだろう。

標準モデルは35000ドル(392万円)で、航続可能距離は354km、0-97km/hタイムは5.6秒、最高速は209km/h。

「ロングレンジ」モデルは44000ドル(493万円)で、航続可能距離は500km、0-97km/hタイムは5.1秒、最高速は225km/hとなる。

パフォーマンスモデルは2018年めど 

パフォーマンスモデルは2018年にくわわる予定。こちらはよりパワフルな100kWhのバッテリーを載せることはないことがわかっている。モデル3の小さなストラクチャーには大きすぎるのだ。

BMWが投入するであろう、EVの3シリーズと真正面から勝負する心づもりのようだ。

「いまはモデル3の製品化に注力している」というのは、今年はじめのマスクのツイートだが、モデル展開の拡大を徹底して考えているのは間違いない。

モデル3のパフォーマンスモデルは、そのほかと同様、デュアルモーターと四輪駆動という文法を守る可能性が高く、モデルSより400kg軽いことを考えると、同社のもっとも俊足モデルになるだろう。

なお、AUTOCAR JAPAN上でこの記事をご覧になっている方は、記事下の「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアでこの記事をご覧の方は、記事下に設けられたリンク「『テスラ・モデル3』すべての画像を見る」から、ほかの画像をお楽しみいただける。