ブリット・アワーズ、2018年注目の新人賞候補3人を発表

写真拡大

英国最大の音楽アワード<Brit Awards>が、その年の活躍が期待される新人アーティストへ贈る賞Critics’ Choiceの2018年度の候補3アーティストを発表した。

◆候補3組 画像

100以上のアーティストの中から選ばれたのは、ラッパー、シンガー、ソングライターとマルチな才能を持つStefflon Don、ネナ・チェリーの末娘Mabel、R&BシンガーのJorja Smith。2008年にCritics’ Choiceが設立されてから初めて候補者全員が女性アーティストとなった。

Stefflon Donはすでに6月にリリースしたフレンチ・モンタナをフィーチャーする「Hurtin’ Me」が全英7位をマーク。数年前から注目されていたMabelもシングル「Finders Keepers」が8位とヒットした。Jorja Smithはまだ20歳ながら、ドレイクの最新作『More Life』の制作に参加するほどの実力の持ち主。

2017年のCritics’ Choiceは、Rag’n’Bone Manが受賞し、2月に発表した彼のデビュー・アルバム『Human』は初登場で1位(全英)に輝き、その後33週間トップ10に留まり続けた。

Critics’ Choiceはこれまで、彼のほか、アデル(2008年)、フローレンス&ザ・マシーン(2009年)、エリー・ゴールディング(2010年)、ジェシー・J(2011年)、エミリー・サンデー(2012年)、トム・オデール(2013年)、サム・スミス(2014年)、ジェイムス・ベイ(2015年)、ジャック・ギャレット(2016年)が受賞している。

2018年度の受賞者は12月4日に発表される。

Ako Suzuki