劇団ひとり

写真拡大

おせっかいバラエティ「良かれと思って!」(フジ系)。11月29日(水)の放送は、「2世芸能人の父親事情聴取スペシャル」と題して、ゲストに辰巳琢郎が出演、そのやり過ぎな親バカぶりを披露した。

【写真】辰巳琢郎の娘・辰巳真理恵/画像は辰巳真理恵公式インスタグラム(tatsumimarie)より

辰巳の娘は、ソプラノ歌手の辰巳真理恵。辰巳は、その娘のために、なんと1億2000万円掛けてリハーサル室を作ったという。その豪華さにMCの劇団ひとりやバカリズムも驚き。

「場所って必要ですからね。子どもに教えるっていうことは大事。そういうことにはお金掛けても仕方ない」という辰巳に、劇団ひとりは「スタジオなんていつでも借りられるじゃないですか?」とツッコむも「いつでも借りられない。近い方がいいし」と事も無げに答えた。

リハーサル室は「マリーズ・サロン」と名付けられ、世田谷区成城にある辰巳の自宅の離れに地上3階地下1階の1軒屋として建てられている。中には1000万円する練習用ピアノがあり、プロのピアニストを呼びレッスンしているという。

しかし、ここには練習と無関係なものも多く、バーカウンターや応接室、地下には20畳、3000本収納のワインセラーがあり、友人などを招いてよくパーティーを開くそうだ。

すると辰巳は「人が集まるのが好きなんで。みんなでワイワイやってる内に新しいものが生まれてくる。それが好きで芝居やってたもんでね。彼女の仲間が集まったらそこに行って一緒にしゃべったり飲んだり、そういうのも好きなんで」と弁解していた。

次週は、12月6日(水)夜10:00放送予定。(ザテレビジョン)